SSDが爆速な件 レッツノートT5換装

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

あれこれ3年くらい利用している、愛機のレッツノートT5(Let’s note)。

聞くところによると、ハードディスクをSSDに換装すると、めちゃくちゃ速くなるとのこと。

延命措置としてチャレンジしてみたところ、本当に速くなりました。

私が利用しているレッツノートT5は、VISTAでメモリが1.5GBで、少なめです。これでも機種Max搭載していて、これ以上メモリは増やせません。

作業していると、カリカリとハードディスクにアクセスしていることが多いです。メモリ量が十分でないため、HDDを利用しているのでしょう。HDDへのアクセスが、全体的なもっさり感の原因だと思います。

そこで、ボトルネックとなっているHDDを高速アクセス可能なSSD化してしまえば、パソコンのパフォーマンスが劇的に向上するはずだと予測し、換装の準備を始めました。

スポンサーリンク

SSDの選び方

プチフリをしないSSDを選ぶことです。

プチフリ(プチフリーズ)とは、一瞬パソコンがフリーズするSSD特有の現象で、かなりイライラするそうです。キャッシュメモリ付のSSDを購入することで、回避可能です。

ソフト的に回避する方法も色々あるみたいですが、パフォーマンスが低下してしまいますし。キャッシュ付は高価ですが、ここはぜひキャッシュ付を手に入れたいところです。

注意としては、規格を間違えなことですね。接続の規格IDE、SATAと、大きさ(1.8inch,2.5inch,3.5inch)など。

私はIDEとSATAを間違えて購入してしまって、ヤフオクで売り飛ばしました。まあ、購入金額-3,000円くらいで売却できたので、よしとします。

私が購入したSSDはこちら。「PhotoFast G-Monster-IDE-V2」64MBのキャッシュ付。

powerd by Amazon360

レッツノートT5はIDEです。IDEでキャッシュ付のSSDは、最近はあまり出回っていません。G-Monster-IDE-V2も、生産中止していて、在庫が少なくなっているそうです。

ベンチマーク比較

Windowsやソフトの起動時間は明らかに速くなりました。大体3倍くらいでしょうか。

ベンチマークで比較しても、明らかに速いです。
SSD

HDD

特に注目は4KBファイルの書き込みスピードです。WindowsなどのOSがアクセスするファイルの大きさって、KBレベルのファイルが多いそうです。

SSDは小さなファイルへ書き込む場合でも、ある程度大きなブロックを利用する必要があって、これが重なると処理に時間がかかって⇒プチフリ となります。

キャッシュがあれば、一旦キャッシュに貯めて、まとめて書き込むためプチフリは起きません。

レッツノートT5へのSSD換装手順

正直言って、難易度大です。30本くらいのネジを外して、レッツノートを完全にバラバラになる一歩手前くらいまで分解しないと、ハードディスクに触ることすらできません。


これくらいまで分解します

自信の無い方は、やめておいた方が無難です。

レッツノートT5の換装手順については、別記事で紹介しています。

 ⇒ レッツノートT5分解&SSD換装方法

次はデスクトップマシンにSSD

次はデスクトップに搭載したいです。

我が家のデスクトップマシンにはLAMPをインストールしてあり、ローカルでデーター処理をさせています。Mysqlはハードディスクにアクセスすることが多いので、かなりのスピードアップが期待できそう。

早速注文しよう。

今日のわかった

もうハードディスクには戻れないです。
ちなみにLet's noteT5はファンレスなので、SSD換装により完全無音のマシンとなりました。寝室でも使えます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です