静岡市の津波情報まとめ2014

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4051

東日本大震災で亡くなられた方の90%以上の死因が「溺死」だそうです。津波に飲み込まれて亡くなったということです。

東日本大震災における死因(岩手県・宮城県・福島県)平成23年4月11日現在

つまり、津波の被害さえ受けなければ、助かる確率は大幅に向上するということです。静岡市にどの程度の津波が押し寄せてくるのか、客観的なデータを持っておくことは重要です。

現時点での、最新の静岡市の津波情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

静岡市津波避難マップが最新情報を網羅

静岡市は津波避難マップを公開しています。ネットとPDFファイル(地区ごと)で見ることが可能です。

静岡市 津波避難マップ

津波浸水想定区域は、内閣府公表の「南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)平成25年3月18日と」静岡県公表の「静岡県第4次地震被害想定(第一次報告)平成25年6月27日」、さらに「静岡県第3次地震被害想定(安静・東海地震) 2001年5月」を考慮、南海トラフ巨大地震に対応しています。

内閣府と静岡県の想定すべてを考慮して作られています。現時点では、このマップを参考に行動計画を立てるのが懸命です。

【参考資料】

過去の津波による浸水の記録

地盤沈下の可能性

国、県、市が公表している想定浸水域は、地震と共に地盤沈下が発生すると、さらに広がります(隆起する可能性もあるが)。実際に東日本大震災では、宮城県で地盤沈下が発生したため、想定より内陸部に津波が到達したそうです。

▼▼▼▼

静岡市は海岸線を有していて、海岸近くまで住宅地の開発が進んでいます。静岡県は全国で唯一巨大地震が予測されている地域であり、巨大地震が発生すると、大きな津波が押し寄せてくる可能性が高いです。

地盤沈下の可能性も否定できません。余裕を持った避難計画・ライフプランを立てておいたほうが良いですね。

今日のわかった

近々、静岡市内で引っ越しを考えています。

どこに引っ越そうか悩みます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です