デリケートで難しいからこそチャレンジしたい レビューズで記事広告をお受けします

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

企業とブロガーをマッチングする「レビューズ(reviews)」というサービスが始まりました。ブロガーに記事広告やモニターをお願いできます。

このたび私も、レビューズの公認ブロガーとなりました。依頼があれば積極的に受けていきます。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

記事広告に取り組むスタンス

記事広告は、広告主さんから報酬を頂いて記事を書きます。お金を頂く以上、商品やサービスの良さを十分紹介する必要があります。

一方で、どんな商品にも弱みや欠点があります。自分の読者さんのために、マイナスの部分も伝えなければいけません。

これは、普段書いている記事でも同じことです。記事広告でも普通の記事でも、スタンスは基本的に同じです。

では、読者にとって記事広告のどこがザワザワするのかというと、本当は大した商品でも無いのに、お金をもらった以上、必要以上に「すごい良い商品」として紹介しているのではないか、というところでしょう。

しかし、読者さんを欺く記事をポストしたら、読者さんは二度と記事を読んでくれません。信用は築くには時間がかかりますが、信用を無くすのは一瞬です。そんなリスクを取ってまで、提灯記事を書くことは私はできません。

どうしても、読者さんのおすすめできない商品であれば、オファーを断れば良い話です。わかったブログでは、基本的に私が良いと感じたものしか記事にしていません。ブログの文脈に外れる商品のオファーは、断るようにします。

デリケートで難しいからこそチャレンジしてみたい

記事広告は、非常にデリケートです。しかし、ブロガー活動の原資としては魅力的です。

難しいからこそ、チャレンジのしがいもあるわけです。広告であることをしっかり明示し、真摯に取り組めば、問題は無いはずです。良い機会と捉えて、自分のスキルを高めるきっかけにしたいです。

レビューズのような厳しい審査とポリシー、チェック機能があるサービスが間に入ってくれれば、記事を書く側も、記事を読む読者さんも安心できます。

このようなサービスに登録することで、ブログ活動の幅が狭くなるのでは?という懸念を持つ方もいるかもしれませんが、前述したように、レビューズの厳しいポリシー下でも、ブログ運営のスタンスは特に変わることは無いと判断しました。

地道にブログを続けてきて本当に良かった

レビューズを運営するアジャイルメディア・ネットワークは、ブランドを大事にしている会社です。

アジャイルメディアは、2011年までアルファブロガー・アワードという、影響力があるブログの書き手を発掘・評価するイベントを毎年開催していました。

最後のアワードで、私も受賞を目指したのですがダメでした。ていうか「目指す」ということが、そもそも間違っていたのでしょう。

信用やブランドは、「俺が、私が!」と自分でアピールするほど地に沈みます。自分の信じた道をコツコツ続け、周りから評価されることで、自然と生まれてくるものなのかなと。

今回のレビューズの公認ブロガー登録は、私にとって大きなニュースとなりました。くじけず、地道にブログを続けていて良かったなと思いました。

公認ブロガーは、そうそうたるメンバーが揃っています。田舎ブロガーがこんなところに居ていのかな?という感はありますが^^ 良いサービスになるように、私も微力ながら頑張りたいと思いました。

レビューズ(reviews)

今日のわかった

さっそく何件かレビュー案件が来ているようです。まずは、積極的に依頼を受けて、実際にやってみることですね。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です