文章の一番難しい部分を、いとも簡単に乗り切る方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_0842

私の愛しいアップルパイへ

文章を書いているとき、一番ストレスを感じるところはどこですか?私はいつも「文頭と文末」に頭を悩ませていました。読み手を文章へ自然に導入し、心地よい読後感で終わる。そんな文章をいつも書きたいと思っています。

文頭と文末の処理を、誰でも簡単にできる方法があります。それは…。

文頭と文末をお決まりの文で固定してしまう方法です。

たとえば、有名ブロガーのちきりんさんのブログ記事の文末は、常に「そんじゃーねー!」で固定されています。小飼弾さんは「Dan the ~」で締めています。

最近、気になっているjMatsuzakiブログは、文頭は「私の愛しいアップルパイへ」。文末は「貴下の従順なる下僕 松崎より」で固定されています。彼はかなり文章をぶん回しているのですが、文頭と文末がアンカーになっているせいか、文章全体の読後感は安定しています。

文頭・文末を固定すると、読み手の好き嫌いが分かれやすい面はあります。その代わり、好きな人には徹底的にウケるので、コアなリピーターが付きやすいでしょう。水戸黄門の話の流れは毎回同じなので、安心して見ていられるのと似ています。

ちなみに、当ブログも最後に「今日のわかった」というコーナーがあります。本文が多少まとまらなくても、「今日のわかった」の文章で読後感を調整することができます。たまに書き忘れると、「今日は『今日のわかった』はないのですか?」というツイートが来ます。「今日のわかった」を楽しみにしている読者さんは多いようです。

もし、自分のブログに個性がないなと思っている方は、文頭・文末の処理を統一してみてはいかがでしょうか?

貴下の従順なる下僕 かん吉より

今日のわかった

jMatsuzaki氏の言い回しを使わせてもらいました。なんか、気持ちよいですね!特に「貴下の従順なる下僕…」ってところが^^;

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 【祝!jMatsuzaki一周年】1年間ブログを毎日更新して実現できたこと! | jMatsuzaki より:

    […] ・敬愛する「わかったブログ」のかん吉さんに ・ブログを始めるきっかけにもなった「シゴタノ!」で佐々木さんに […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です