あなたのブログが7倍読まれやすくなる方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

妻との会話で、妻がふと、こんなことを言いました。

「ブログ記事のタイトルに●●●●●●●●が入ってると、スルーしちゃうわ」

私も同じような感覚を持っていたので、「それは正しいな」と思いました。

本当に正しければ、ブログ・ライティングの方法論として、意味深いものになるはずだと思い、証明するための調査を試みました。


Navigating through the Global Skills Crisis – Tianjin WorkSpace 2008 / World Economic Forum

スポンサーリンク

調査の内容

妻と私の知人の、男性4人、女性に4人の計8人にお願いして、アンケート調査を行いました。日ごろから普通にインターネットを利用している方々です。

2択、または3択で、どのブログタイトルを読みたいかを調べました。

たとえば、こんな問題です。(これは説明用につくった例です)

  • ノンオイルソープ売上げNo.1 「shittori(しっとり)」
  • 「やっとみつけた!保湿力十分で低刺激なボディソープ」
  • 口コミで聞いた、肌がモチモチになる海藻成分いっぱいのボディソープを使ってみた

選択肢Aに、実在するブログから拝借したタイトルを.

BとCには、私が作ったタイトルを配置しました。

同じような問題を5問出題して、選んでもらいました。

まさかの結果が!

8人いて、5問ですから、8×5=40個の回答があります。

さて、40個の回答中「A」、つまり「実在するブログタイトル」が選ばれたのは、何回だと思いますか?

なんと…、

…、

5回しかありませんでした。

残りの35回は、私が考えたタイトルが選ばれたことになります。

5 対 35ですよ!

実在するブログ記事タイトルより、私が考えたタイトルのほうが、7倍読まれやすい計算になります。

かなり、インパクトのある結果となりました。

妻は何を言ったか?

果たして、選択肢Aと選択肢B,Cとでは、何が違うのでしょうか?

実は、選択肢Aは「具体的な商品名・ブランド名」が入っていて、B,Cには入っていません。

妻は、

「ブログ記事のタイトルに、自分の知らない商品名やブランド名が入ってると、スルーしちゃうわ」

と、私に言ったのでした。


立ち入り禁止 / isado

SEOに生きるもの、SEOに死す

妻いわく、タイトルに、知らない言葉が入っていると、反射的に「自分には関係のない記事だ」と感じるのだそうです。

B,Cの選択肢は、なるべく平易で誰もが知っている言葉だけを利用したので、頭に「スッ」と入っていきやすかったのだと思います。

ヴィトンや、ソニーなど、だれもが知っている言葉であれば、タイトルに入れても問題はないと思いますが、有名でない言葉は注意が必要です。

なぜ、商品名やブランドをタイトルに入れたがるのか?ブロガーさんたちは口々にこう答えてくれました。

「SEO対策です」

でも、今回の結果をみると、確かに検索エンジン経由の読者は増えるかもしれないけど、リピーターは増えないような気がします。

記事の面白さはタイトルで決まる!

なぜかというと、タイトルが面白い記事は、内容も面白いと私は思っているからです。

逆に、タイトルがつまらないと、記事もつまらない。

人々は、タイトルを補助線にして記事を読んでいると思うのです。タイトルの内容を探しながら読んでいるのです。

タイトルさえピントがあっていれば、文章はある程度稚拙でも、最後まで読めてしまいます。

タイトルがあいまいだと、何をどう読んでよいのかがわかりません。ていうか、そもそも最初から読まない場合のほうが多いかも。

リピーターを増やすには「あ、このブログ面白いこと書いているなあ」と思わせなければなりません。

そのためには、いくら記事の内容が詳しくて面白くてもだめで、タイトルで勝負はついてしまっているのです。

読者が、あなたのブログ記事タイトルを見つけて、読むか読まないかを決める時間は、1秒もないです。

そのチャンスを逃したら、次は絶対にありません。

知らない商品名やブランド名が入ったタイトルは、反射的に拒否されるという事実が判明した今、あなたはそれでも、記事のタイトルに商品名やブランド名を、SEO目的のために入れますか?

とはいっても・・・

やっぱりSEOは重要ですよね。

それに、今回の結果は、商品名・ブランド名の有無の違いだけでなく、ライティングの違いの影響もあると思います。

次回は、その辺も含めて、

人々の心を掴む、ブログ記事タイトルの作り方(2010.9.16)」

リピーターを獲得できる、ブログの効率的SEO戦略(2010.9.26)」

について、考えていきたいと思います。

本ブログが始めての方は、当ブログをブックマークや、RSSリーダーに、ぜひ登録していただければと思いますm(_ _)m

※今回の調査では、実際には、ダミー問題を2問加えて、計7問を答えてもらいました。

今日のわかった

すべてのブロガーさんが、私の考えに共感してくれるとは思いませんが、私自身としては、自分の「ブログ・スタイル」が、今回の調査のおかげで確立できたと思ってます。本当によかった。続編もありますので、ぜひお楽しみに♪

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. TOSHI より:

    かん吉さん、こんばんは。

    とても参考になりました。

  2. かん吉 より:

    >>TOSHIさん。
    コメントありがとうございました。続編も予定していますので、お楽しみに!

  3. take1 より:

    アンケートに回答した一人で、かつ、納得いくものだったのですが、その情報が「読んでよかった!」と思うものである確率が高くないと、ゆくゆくはそのblog自体を読まなくなってしまいます。
    センセーショナルなタイトルも、考えもの(ほどほどに)と思いました。

  4. かん吉 より:

    >>take1さん
    アンケートのご協力ありがとうございました。

    タイトルの内容と記事の内容がマッチしていないと、逆に信用が下がってしまいますので、注意が必要です。

    いま書いていて、近日中にアップする予定の「タイトルの付け方」には、その辺の話題も入っていますので、そちらもぜひ読んでください。

  5. 主婦のケモノ道 より:

    [book]ザ・シークレット/自己啓発ポジティブ教の伏魔殿
    ザ・シークレット 作者: ロンダ・バーン,山川紘矢,山川亜希子,佐野美代子 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/10/29 メディア: 単…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です