家賃から物件購入金額を逆算する方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

不動産投資の話です♪

家賃と、想定している利回りが決まれば、不動産物件の金額を計算することができます。

しかし、ズブの素人では計算が難しいですよね。

そこで、読んだ参考書の知識を元に、計算式を作ってみました。


20080709_165420_DSCF4942 / くーさん

購入時にかかる諸経費が、購入金額の10%で、ランニングコストが家賃の20%とすると、

購入金額 = 家賃(一ヶ月合計)÷純利回り(%)×873

となります。

もし、2DK×4部屋のアパート@家賃5万円を、純利益10%で回したければ、

5万円×4部屋÷10×873=1,764万円

で購入すれば良い事になります。純利回りが10%なので、満室ならば、10年で投資金額を回収できるってことですね。

また、よく物件情報では表面利回りが掲載されています。表面利回りとは、単純に年間家賃を物件の金額で割ったものです。

上記の条件を利用して、表面利回りを純利回りに変換するには、

純利回り(%) = 表面利回り×0.73です。

表面利回りが14%だとしたら、純利回りは

14%×0.73=10.22%

となります。ギリギリOKの値ですね。

知り合いの不動産屋さんに聞いても、おおむね合っているそうです。ちょっとランニングコストの20%が高すぎる感もありますが、大規模補修用の積立金と思えば、トントンかなと。

ちなみにこの計算式は、中古物件の場合です。新築の場合には使えません。

「873」と「073」の値を覚えておけば、便利ですよ!

参考書籍:

今日のわかった

わからない専門用語をひとつひとつ調べている最中です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です