八ヶ岳地ビールを飲みながら考えたこと

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

見学後、八ヶ岳ビール醸造所のすぐ上にある、レストラン「ロック」で、夕食とビールを頂いた。

ここでは作りたての八ヶ岳ビールを飲むことが出来る。

八ヶ岳ビールに合うソーセージも、独自に開発したというこだわりのレストランだ。

まずは試飲のときに一番おいしいと感じた、「デュンケル」を頂く。

色が濃く、コクがあるビール。

うまい!

「デュンケル」を軽く2杯頂いたところで、「ピルスナー」をいただく。

一般的に売られているビールは、このタイプのもの。すっきりした飲み口は、何杯でもいける。※このときすでにビールに夢中で、写真を撮り忘れている…。

実はこのデュンケルとピルスナー、そして今回は飲まなかった「プレミアム ロック・ボック」は、原材料は全く同じだそうだ。

作り方をかえるだけで、全く風味の違うビールが造れるのが驚きだ。

山田さんと一緒に夕食をさせて頂いた。

山田さんは普段、ほとんどお酒を飲まないそうだ。小さなグラスにビールを一杯だけ。

ビールに対する客観的な姿勢が、美味いビールを造れる理由のひとつかもしれない。

酔いもすこしまわったところで、こんな話を聞けた。

「ウチのビール(八ヶ岳ビール)はキリンビールに似ているのでは?とよくいわれる。

キリンビールと比べられるのは、私の宿命だ。

地ビールなんだから、もっと個性的な味のビールを作ってみてはという意見もある。

実際私もキリンのビールが一番おいしいと思っている。

地ビールといっても、自分がおいしいと思えるビールを作るのが一番だと思っている」

ものすごく納得した。

ちなみに、八ヶ岳地ビール「タッチダウン」は、本酒類コンクール ビール部門で史上初の春と秋の二連覇を達成している。

山田さんはコンクールが嫌いらしい。周囲の説得もあり、応募したという経緯もあるとか。
このおいしいビールは、山梨県の清里でぜひ味わってもらいたい。

しかし、八ヶ岳地ビールでは無濾過・無加熱なため、取り寄せすれば、自宅でも限りなく出来たてに近い味のビールが飲める。

自分で飲むのも良い。

手作りハムやソーセージと組み合わせて、お中元やお歳暮として贈っても、すごく喜ばれると思う。

+++

私が感動したのは、ビールだけではない。

八ヶ岳地ビールを運営している、山梨県清里のリゾート施設「萌木の村」の試み、そして、清里の自然と歴史。

萌木の村には、良いものを作りつづけていく、ぶれない姿勢と努力あった。

その一面として、たとえば今回紹介した八ヶ岳地ビールが生まれたにすぎない。

清里訪問に関するエントリー

八ヶ岳地ビール「タッチダウン」 本物の地ビール

八ヶ岳地ビールを飲みながら考えたこと

山梨清里の「萌木の村」 本物のリゾート

オルゴール博物館 ホールオブホールズ

水は究極の調味料

地球温暖化を感じる

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です