大門沢小屋~奈良田

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

三日目は車を駐車してある奈良田まで降りるだけ。
4時に起床し、テント撤収。簡単に朝食を済ませ、5:30に出発。

スポンサーリンク

森林浴をしながら下山

当初は朝はゆっくりしていこうと話していた。
天気予報であまり天気が良くないとのことだったので、早めに出発することに。

気がかりだったパートナーの体調は回復したようだ。

道の斜度は昨日よりはかなり緩い。木の葉や枝の破片がしき詰まった登山道は、クッションが効いて歩きやすい。

途中、何度か沢を渡った。ぐらぐらゆれる橋はかなり怖かったが、なんとかクリア。

朝は涼しいし、空気が澄んでいる。
登山の基本は、早朝にできるだけ行動しておくことだと、改めて実感した。

三日ぶりの下界へ

7:20に取水口らしきところに到着。ちょっとだけ人間社会に戻ってきた気がした。

7:45にダム建設地に到着。ここからは舗装路を下った。山道とは違い、足に負担が大きい。

途中、休憩所があると聞いていた。「そこでソフトクリームでも食べたいね」などと話しながら降りていたら、休憩所を発見。ただの無人の小屋だと分かり、苦笑した。

バス道に合流したあと20分ほど歩いて、8:50に無事車に到着!

お疲れ様でした。

8:30から開いている奈良田の里温泉に入り、三日間の汗を流して帰途についた。

白根三山登山の総評

今回初めて、テント泊×二泊三日にチャレンジした。二日目の行程が強行軍となり、パートナーの体調不良や降雨が重なり、到着時間が遅くなってしまったことは、深く反省したいと思う。

天気は良く、すばらしい景色を拝めたことについては、すごく嬉しかった。美しい景色を思い出すと、山への意欲がまた湧き上がってくる。

個人的には、高山病にならなかった。今回は意図的に対策して、その成果が出たためだろう。
高山病対策については別途紹介する。

無事下山できてなによりだ。次の機会では、塩見岳の方へ縦走してみたい。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です