スポーツの上達法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

悔やみきれないことがあります。
それは、スポーツの練習方法についてです。

若いときに気がついていれば、色々なスポーツをもっと上手くできるようになったのに。
そう感じるのです。

私は三十歳も半ばとなりました。なにかスポーツを始めようとしても、体力に任せての練習は効率が悪いです。

そこではじめたのが、

1)スクールなどで基礎をきっちり習う
2)上手いプレーのメカニズムを、自分なりに考える
3)ビデオ撮影で、自分のプレーを客観的に見る。

です。

この3つをサイクルでまわすことで、圧倒的に早く上達することに気がつきました。

スポーツ上達☆わかったメモ

1)スクールなどで基礎をきっちり習う
基礎の段階で間違ったことを覚えると、修正が難しくなります。
自己流ではなく、基本はきっちり学んだ上で、反復練習したほうが確実です。

2)上手いプレーのメカニズムを、自分なりに考える
ただ、体力と感覚に任せてやっているだけでは、何も残りません。
上手いプレーは何が違うのか?を良く考えた上で、色々テストしてみることが大事です。

3)ビデオ撮影で、自分のプレーを客観的に見る
自分ではものすごく綺麗に動けていると思っても、ビデオで見たら「どこのヘタクソだ?」なのは、しばしばです。

ビデオを見て、何がかっこ悪いのかを分析します。悪いところを「ちょっと変える」のではなく、「思いっきり変える」ぐらいが丁度よいです。

色々変えてみて、「どうしたらかっこよく見えるようになるか」を考えるのです。

+++

※子供に、ただ闇雲に練習させる指導は、どうかな?と思います。
子供たち自身に考えさせたり、ビデオを利用した反省会を取り入れたほうが、もっと上手くなるんじゃないかな?

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です