姿勢矯正枕としてのレ・ムール

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近、枕の高さと硬さを微調整できる、レ・ムールiconを利用している。

快適で安眠できるとの前評判だったが、安眠以外の効果を発見してしまった。私にとっては、そちらの方が大きかった。

スポンサーリンク

背中が重い?

期待感いっぱいで、さっそく利用してみた。

まずポンプで空気を入れて、頭を乗せる。そして、空気を抜いていく。

 

空気が出なくなったらそこでセット完了。

首の下で支える感じになる。

第一印象は、「ちょと枕が低いかな??」

あまり気にせず、一晩寝てみた。すると…。

なんと、「背中が重い」

特に肩甲骨の間あたりが、伸びている気がした。

安眠ではなく、背中に違和感を感じてしまったため、正直、最初は枕の効能に疑問を感じた。

背筋が伸びる

私は最近、定期的にランニングと水泳をしている。

この歳になると、体力が続かないため、いかに効率よく走り、泳げるかが重要となってくる。

一番重要なポイントは「姿勢」だ。姿勢が悪いと、水の抵抗が大きくなったり、足への負担が大きくなったりする。

私は若い頃から強烈な猫背で、上手く姿勢がとれない。最近は上記の運動を上手くなりたいと思い、積極的に背筋を伸ばすようにしているが、どうしても伸ばせない部分がある。

それが、「肩甲骨の間の背骨」だ。

この部分が一番曲がっているにも関わらず、ここを直接曲げることは不可能なのだ。

姿勢矯正

そこで思い出したのが、レ・ムールiconだ。

私がレ・ムールiconを使ったとき、「枕が低いな」と感じたのは、猫背だからだ。猫背の人は、枕を低くすると、背骨が伸びる格好になるため、不快感を覚える。

逆に、適切な高さの枕を毎日使っていれば、自然と姿勢が矯正されるのではないか。

通常の体操では伸ばしにくい「肩甲骨の間」が伸びる。しかし、一日6時間以上の睡眠中はずっと伸びているため、下手な体操より効果がありそうだ。

レ・ムールを愛用

日々背筋を伸ばす体操をしたり、姿勢に気をつけて歩いたりしてい効果もあり、ずいぶん姿勢が良くなってきた。

レ・ムールiconは毎日利用している。
背骨の部分が伸びているせいか、朝起きた直後はちょっと重たい気がするが、すぐに回復する。使用開始時より、だんだん緩和されてきた感じがする。

子供の時は、高さのある枕は、絶対に使わないほうが良いと思う。
寝ている間に背骨が曲がってしまう。

レ・ムールiconは、伸び盛りの子供たちにお奨めしたい。

大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)

今日のわかった

枕は重要。一日の1/4近くの時間を一緒に過ごすものだから。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です