冷却ジェルパッド・その後

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日紹介した、冷却ジェルパッド

その後しばらくクーラー無しで寝ていた。しかし、最近はクーラーをONしないと寝れない日が続いている。

スポンサーリンク

本格的な熱帯夜が始まった

冷却ジェルパッドを利用し始めた7/12は、日中の最高気温は30℃を越え、本格的な暑さが始まった時期だった。

過去の気象記録を調べてみると、私が住んでいる静岡の7/12-15の最低気温は23℃以下だった。

昼間は30度以上の真夏日だったけど、夜は熱帯夜(最低気温25℃以上)ではなかったのだ。

その後最低気温はぐんぐん上昇し、7/18からは25℃オーバーの夜が続いている。

室温以下には冷えない

冷却ジェルパッドのジェルの温度は、室温以下には冷えない。夜の室温が上昇すれば、ジェルパッドの効果も低下してくるのだ。

熱帯夜が続くようになってからは、涼しさを感じにくくなったのは、そのためだと思う。

ドライと併用

現在はクーラーを「ドライ28℃」に設定し、朝までかけっぱなしで寝ている。

それだけでもかなりの効果だと思う。なぜなら、昨年まではクーラーを「冷房25℃」にしないと寝れなかったから。

妻が寒がってエアコンを消してしまうため、私は毎晩寝室を飛び出し、居間のクーラーをかけてソファーで寝ていたことを考えれば、この冷却ジェルパッドはかなりの効果だと思う。

健康管理、電気代の節約、地球温暖化対策の一石三鳥を実現できる、ジェルパッドを利用してみてはいかが?

今日のわかった

  • ジェルパッドを使用して、「ドライ」で寝れるようになった

  • 関連記事
    スポンサーリンク

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

    push7 feedly
    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です