人間ドックの受け方&結果

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

会社を辞めてから一度も健康診断を受けていなかった。

初めて「人間ドック」を受けることに。

スポンサーリンク

【場所・料金】

人間ドックは、大きい病院ならどこでも可能だ。

住んでいる市町村の病院もしくは近隣の病院であれば、国保の補助を受けられる。

私の場合は通常4万円くらいのところが1万円で受けられた。

【全体の流れ】

今回の人間ドックの内容は「日帰りコース」
身体計測 採血 腹部超音波検査 採尿 胸部エックス線撮影 上部消化管検査 視力測定・眼底検査 心電図検査 肺機能検査 腹囲測定 聴力検査 総合診察

前日の20時以降は何も口にしてはいけない。
検便2回分を持って、朝8時に病院へ。11時くらいには終了した。

【検査】

バリウムが一番きつかった。
台の上に寝させられて、その上でぐるぐる回ったり、台そのものが回転したり。

胃を膨らます発泡剤を飲み、絶対にゲップをしないでくださいと言われた。絶対に無理だよ。

【結果】

何にも問題ないと、たかをくくっていたら、微妙な結果が。

尿と糖に正規値オーバー箇所があり、心電図にいたってはC判定。

これはヤバいと思って、後日、検査後の説明と栄養診断を受けた。

お医者さんいわく、「全く問題ない」とのこと
尿と糖の値は、今年から基準が厳しくなったのと、そもそも今回引っかかった値はあまり重要ではないらしい。

心電図は、運動をよくしている、若い男性に良くある波形なのだそうだ。

問題のある人の波形と似ているので、コンピューターが自動判別すると、必ず引っかかってしまうらしい。

ヨカッタ……。

【栄養指導】

栄養指導では、管理栄養士の方から色々指導を受けた。

私はメタボリックではないけれど、標準体重を4kgオーバーしている。
3年前に禁煙する前は、ちょうど標準体重だった。禁煙太りしてしまったのだ。

脂身の摂取は、肉ではなく青魚の方が良いそうだ。
あと、お酒もすこし減らしたほうが良いといわれた。うーん。

ひと安心!! orz

検査結果を見て、ちょっとブルーだった。
説明を聞いて何でも無いとのことなので、本当によかった。

これからもしっかり運動して、しっかり飲もう!

人間ドックは年に一度、春に受けることにしよう。

今日のわかった

  • これだけ酒量が増えたのに…。運動習慣は偉大だ
  • 健康診断は定期的に受けよう
  • 関連記事
    スポンサーリンク

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

    push7 feedly
    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です