誰でも最初は一発屋から始まる

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

P1050806.JPG

一発屋と言われるお笑い芸人さんがいます。よく「失敗芸能人の代名詞」のような扱われ方をすることが多いですが、

私は彼らを笑えないです。むしろすごいと思っています。

なぜなら、ビジネスやスポーツでもなんでも、まずは一発当てないことには、上に行けないと思っているからです。

スポンサーリンク

ほとんどの人は一発すら当てられない

私は一発屋と呼ばれるだけでもすごいと思います。ほとんどの芸人さんは、一発屋と言われる以前に消えてしまうからです。

まずは一発当てて、さらにその上に登れた人が、エースになれます。でないと、先はありません。

一発すら当てられていない私は、彼らを笑える立場にありません。

偶然からしか新しいアイデアは生まれない

偶然でしょ?たまたまだよという人がいます。偶然で成功して何が悪いのでしょうか? ノーベル賞に選ばれた研究の多くは、偶然や失敗から生まれています。

結果が予想できることを繰り返しても、新しいアイデアは生まれません。偶然に起きたことから、予想外のことを発見する力こそが、新たな価値を作れるのです。

準備期間で何ができるか

しかし、一発当てることができても、当たった後に何もしなければ、本当の一発屋で終わってしまいます。

できる人は、当たっている最中に、次の戦略を立てて、他のことにチャレンジして、自分のマーケットを広げます。

一発当てるとは、次の成功への準備期間を稼ぐことなのです。

全力で走る

売れるときに徹底的に売るというのは、商売だけでなく、人生の鉄則です。

ここぞという時に、全エネルギーを注ぎ込む。躊躇してると、チャンスを逃します。

力を抜いた方が良いなんて話は、どこにもありません。常に全力で走り続けないと、掴めるものも掴めません。

目の前を過ぎ去るちょっとしたチャンスをたぐり寄せて、モノにしていく。前のめりな姿勢が常に必要です。

今日のわかった

アメトークに出演している芸人さんは、エリート中のエリートなんですよね。トークだけで人を笑わすことができる。すごいなといつも思っています。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です