Movabletype3.3アップグレード・インストール from3.2 in XREA

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

もうそろそろ良いでしょう。Movabletypeを3.2⇒3.3にアップグレードしました。

その時の備忘録を残しておきます。※新規インストールも同じ方法で行えます。

参考にしたのはMovabletype備忘録さんと旧Movabletypeマニュアル?の3.2アップグレード記事。

作業内容は3.2の時とほとんど同じです。

前のバージョンを残して実施できる方法なので、安全です。

ちなみにサーバーはXreaです。他のサーバーの場合はパスの表記が違ってきますので注意してください。
1.まずはSix ApartからMT-3.33-ja.zipをダウンロードし、解凍しておきます。

2.mt-config.cgi-originalというファイルの名前を、mt-config.cgiに変更します。

3.mt-config.cgiの内容を変更

3-1CGIPathとStaticWebPathをMTをインストールするパスに変更

CGIPath http://account.s00.xrea.com/mt330/

StaticWebPath http://account.s00.xrea.com/mt330/mt-static

account.s00は自分のアカウントを、mt330の部分は好きなフォルダ名にする。

既存のmt運用フォルダと異なる名前にする事!

3-2データーベースを設定

ObjectDriver DBI::mysql

Database Myaccount

DBUser Myaccount

DBPassword MyPassword

DBHost localhost

Myaccountと、MyPasswordを自分の物に変更

3-3使用するエンコードを指定

PublishCharset EUC-JP

私はEUC-JPで統一しているので、上記記述を一番最後に追加しました。
4.サーバーへアップロード

サーバー上の先ほど指定(3-1)したフォルダ&パス(http://account.s00.xrea.com/mt330/)

に解凍したファイル&変更済みmt-config.cgiをアップロードします。

アップロードが終わったら、cgi拡張子のファイルの属性を、755にします。

5.アップグレード開始

まずは、http://Myaccount.s00.xrea.com/mt330/mt-check.cgiにブラウザ(IE)からアクセス。利用するサーバーに問題が無いか一応チェックする。


次に、http://Myaccount.s00.xrea.com/mt330/mt.cgiにブラウザ(IE)からアクセス。すると、http://Myaccount.s00.xrea.com/mt330/mt-upgrade.cgiにリダイレクトされ、これまで利用していたIDとパスワードでログインします(新規の方は、MelodyとNelson)

すると、データーベースのアップグレードをするとの表示が出るので、言われるがままに「アップグレード開始」ボタンを押す。

しばらくすると、データーベースのアップグレード終了。
「MovableTypeに戻る」ボタンを押すと、これまでより洗練された管理画面が現れます。

5.JPG
前のバージョンのファイルを残してやる方法なので、失敗しても、最悪元に戻せます。

心配ないと思いますが、データーベース上のデーターの破損が心配な方は、phpMyadminで、データーをエクスポートして置きましょう。

上記はアップグレードの方法ですが、新規にインストールも同じ方法ですので、これから新しくインストールされる方も、参考にしてみてください。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です