毛布の表裏

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

毛布 表

毛布の多くには、裏表がありますよね。

みなさんはどっちを上にして毛布を敷いていますか?

裏表のある毛布は、一方がツヤツヤ・すべすべしていて、肌触りが良いです。もう一方は「裏地」という感じ。ゴワゴワしてます。

毛布 裏地

ツヤツヤの方を上にして敷いてしまいがちです。しかし、よく考えると、体に触れる方を肌触りの良い面にしたほうが、快適です。

つまり、毛布は裏地を上にして敷くべきなのです。ずっと勘違いしていました。

▼▼▼▼

羽毛布団と併用する場合、多くの人は上から羽毛布団、毛布の順番で敷くでしょう。

実は、上から毛布⇒羽毛布団の順に敷いたほうが、暖かいです。羽毛布団の保温力はすごい。

毛布を体の下に引くのも、暖かいそうです。

私は毛布生地のシーツを敷布団にしいて、羽毛の掛け布団の上に毛布をかけています。

今日のわかった

両面がツヤツヤしている毛布は、どちらが表でもOKです。

なんで、きれいな面を上にして、毛布をかけていたんだろう?寝ている様子を誰かに見せるわけではないのに><

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です