三保の松原→薩埵峠マラニック

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

薩埵峠

チャレンジ富士五湖100km(2015/4/19)に向けて、60kmのロング走を行いました。静岡市の久能海岸通りから三保半島を回って、清水駅を通って薩埵峠へ向かうコースです。

久能海岸

まずは太平洋岸自転車道を通って久能海岸を東へ。この日は気温は最高13度くらいしか上がらなかったのですが、日差しが強くて暑さを感じました。

三保の松原

太平洋岸自転車道は三保半島の途中で内陸へ。世界遺産になった三保の松原を避けるためですね。

三保の松原

三保からの富士山

三保半島からの富士山は本当に綺麗でした。

ぐるりと回っていくと、途中で歩道が行き止まりに。工場には入れません。ちょっと道に迷ってしまいました。公道に出て、ちょうど20kmくらいでガス欠。

コンビニのおにぎり

そういえば、朝食はパン一切れだったということで、コンビニでおにぎり2つ補給。

三保駅

公園に入っていくと、三保駅の表示が。昔は鉄道が走っていたんですね。清水駅までは、廃線跡を通って走りました。そういえば、去年は藤枝から袋井まで、駿遠線の廃線跡を辿ってロング走をしました。

清水廃線跡

清水駅

清水駅を通過。

清見寺から興津宿の街道に入って、薩埵峠を目指します。52号に入り、東名高速道路の側道を上がっていきました。

最後の坂は急登。

坂を抜けると、そこは薩埵峠です。ちょうど36km。

素晴らしい景色でした。This is Japanという感じ。葛飾北斎の絵で有名な場所です。

しばらく休憩して、来た道を逆走。清水ドリームプラザまで戻って「麺屋燕」でランチ。ハイドレーションの水が無くなってしまって、お店の人に補給してもらいました。助かりました。

麺屋燕塩ラーメン

ドリームプラザ

外に出ると、海からの風が強くなっていました。「海岸線から帰ったら向かい風でキツイな」と、一度は街中経由で帰ろうと進路を変えたのですが、「ウルトラを走り切るには、ここで逃げちゃだめだ」と、300mくらいで引き返して、海岸線へ。

案の定、向かい風がキツかったですけど、海岸線はよく走っている道。ペースをなんとか保って帰ってきました。

走行距離は60.47km。6時間07分37秒。休憩時間は入っていません。ハイドレーションやカメラ、バッテリーを背負ってのロング走だったので、まあまあかなと思っています。

今日のわかった

今回はペースはキロ6分以内、肩甲骨を寄せてあごを引いて、骨盤を立てるフォームを意識しました。

最後脚が攣り気味でしたが、上半身のフォームがきっちりしていれば、6分以内のペースを保てそうです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です