マラソンレースで良い写真を撮ってもらうコツ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

島田駅伝ゴール

ある程度の規模のレースになると、カメラマンが写真を撮ってくれてます。

写真は後日、インターネット上にアップされ、お気に入りの写真があれば、購入できるようになっています。

レースの思い出に、良い写真を撮ってもらえるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

良いフォームで

走るフォームが悪いと、イマイチです。ランニングフォームを意識しましょう。

背筋は伸ばして、胸を張って、骨盤を立てることで、フォームが前傾気味になります。

フォーム維持のために、ジョギングだけでなく、V字腹筋と背筋の筋トレも有効です。体幹がしっかりしていると、フォームが安定します。

静岡マラソンゴール

笑顔で

辛い区間でも、カメラを見つけたら笑顔で通過しましょう。

人間は、幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔になると、幸せを感じるのだそうです。

厳しくても、笑顔をつくることで、疲れが和らぎます。写真映りも良くなります。

サングラスを着用していても、ゴールでは外しましょう。素顔の方が表情が分かりやすいです。帽子も外しましょう。

つくばマラソン2014ゴール1

良いタイムで

上手く走れた分だけ、達成感が大きくなります。自己ベストを更新した時のゴールシーンは、偽りのない喜びと自信にあふれています。

レースに出場するからには、自分の限界に挑戦しましょう。そして、生まれ変わった自分を写真に撮ってもらいましょう。

オールスポーツ

今日のわかった

冒頭の写真は、年始に行われた島田駅伝のゴールシーン。

チーム入賞と5kmプライベートベスト更新を決めるゴール。

必死過ぎて、サングラスを外すのを忘れてしまいましたが、よく写ってました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です