M4ドライバー ツイストフェースでミスショットに強い

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ゴルフのスコアを上げるため、ニューモデルのドライバーを新調しました。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ドライバー M4 ドライバー2018年モデル

ゴルフショップでフィッティングしてもらって選びました。

以前よりもミート率が上がり、飛距離が確実に伸びています。

スポンサーリンク

技術の進歩が大きいドライバーを新調

今利用しているクラブは、ゴルフを始めた2009年に購入したものがほとんどです。しかも中古。

最近のクラブは技術が進歩していて、より簡単に打てるようになっているとのこと。

そこでまず、一番進歩が大きいと言われる、ドライバーを購入することにしました。

ゴルフ5でフィッティングしてもらった

せっかく高いお金を払って購入するので、「自分に一番合うドライバー」を探してもらうことに。

ゴルフ総合ショップの「ゴルフ5」では、スイングを解析して、最も合うクラブを診断してくれるサービスがあります。

ドライバーだけだと2,000円。アイアンも含めて総合的に診てもらうと4,000円かかりますが、クラブを購入すると無料になります。

実際にボールを打って、ボールの速度やスピンを測定した結果を元に、何本かクラブを用意してもらいました。

私のスイングスピードだと、シャフトのフレックスはSからRへ柔らかく。打ってみるとものすごいフックが。店員さんいわく、スライスが怖くて、ものすごくフェースを被せたスイングになっているとのこと。

シャフトを柔らかくすると、ヘッドが戻ってくるので、スライスは出にくいそうです。

今までの感覚より、フェースを開く感覚でちょうどよいです。球筋もドロー気味に。飛距離はせいぜい200yだったのが、220yまで伸びました。

一番感じが良いドライバーを購入することにしました。それがM4でした。

実はまだ発売前で、半月ほど待つことに。ついでに5Wも購入して、合計7万円ほど。まあしょうがない

ツイストフェースの威力を実感

実際にコースで打ち始めました。最初は感覚がズレて引っ掛けが多かったのですが、3コース目でようやく慣れてきました。

M4の最大の売りはフェース面がうねっていることです。ツイストフェースと呼ばれる技術で、トゥー側のロフトが大きく、ヒール側のロフトが小さくなっています。

先っぽの時で多い引っ掛けと、ヒール側のスライスを弱め、ミスショットでもフェアウェイに残るように設計されています。

フェースを見ても、良くわからないんですけどね。

確かに、明らかな引掛けやスライスによるOBはほとんどなくなりました。

M4と共に80台を目指す!

ドライバーショットは良くなったのですが、一緒に購入した5Wに苦戦。こちらもシャフトがSからRになったため、スイングを変えないと当たらないのです。

ずっとドライバーの練習に集中していたので、これからは5Wの練習もしていかねばです。上手く当たったときの打感がすばらしい。この2本を使いこなせるようになった先に、目標の80台はあるはずです。

M4は男子トッププロのダスティン・ジョンソン選手が利用しています。430yのビッグドライブからのピンそば30cmのショットは、話題になりました。

instagramのゴルフアカウントはこちら

今日のわかった

アイアンの新調も考えています。アイアンもM4にしようかな^^

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です