「聞く」と「聴く」の違い

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

耳

ブログ記事を書いていると、「聞く」と「聴く」の使い分けに迷うことがあります。

ふと調べてみました。

Q:「話をきく」や「音楽をきく」などと言う場合の「きく」の書き方に「聞く」と「聴く」がありますが、この場合の表記の使い分けはどのようにすればよいのでしょうか。

A:ただ単に「きく」場合は一般に「聞く」を使い、注意深く(身を入れて)、あるいは進んで耳を傾ける場合には「聴く」を使います。「音楽を聴く」「講義を聴く」

via: 放送現場の疑問・視聴者の疑問 「聞く」と「聴く」

進んで耳を傾ける場合は「聴く」だとのこと。

人との会話では「聞く」ではなくて「聴く」でないといけませんね。

しかし、自分を振り返ってみると、人の話を「聞いて」いるだけのことが多いなと。

人の話をしっかり「聴く」ように心がけていきたいです。

今日のわかった

特に子供の話はしっかり聴いてあげなければ。

妖怪ウォッチの妖怪の話をされても、さっぱりわからない^^

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です