新幹線スキー2016 リフト券込みで9,900円 – 石打丸山スキー場

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ようやく雪が降ってきました。明らかに暖冬です。雪の量が少なく、2月下旬からの春スキーはまったく期待できないので、滑りたいなら早めですね。

毎年恒例の新幹線スキーは、今年は1月に行くことにしました。東京発の石打丸山スキー場の平日プランが、交通費+リフト券込みで9,900円です。

普通に新幹線に乗っても、越後湯沢まで往復12,300円かかりますので、かなりお得であることが分かるでしょう。

スポンサーリンク

予約方法

予約は「えきねっと」から行います。個別ツアーへのリンクをするとエラーが出てしまいます。探すと意外とわかりにくいので、見つけ方を説明します。

えきねっとのスキーページから、右下の方にある「日帰りツアー」をクリックします。

左下の「スキー場から探す」をクリックします。

上越の石打丸山スキー場をクリックします。

2番目に「平日・自由席限定 新幹線で行こう!ネット専用日帰りスキー 石打丸山スキー場」のプランが出てきます。こちらが9,900円の平日プランです。

手ぶらでスキー

IMG_3612

私はスキー用具一式を宅急便で送ってしまいます。

オールインワン式のケースを持っています。荷物を1つにまとめられるので、輸送費が安くなります。

中央口の「レンタルタカノ」に送れば、現地で用具を受け取れます。更衣室も無料で使えます。もちろん返送もしてくれます。

あとは最低限の荷物だけ持って、東京駅から新幹線に乗るだけです。なんて便利なんだ。

新幹線スキー最大の魅力

新幹線でビールで祝杯

なんといっても、行き帰りの道中で飲めることです^^

車で行くと運転で体力も使います。特に雪道の運転は、緊張して精神的にも疲れます。

新幹線なら、ビール飲みながらスキー場まで移動できます。こころと体を癒やすことができます。

※冒頭の写真は、昨シーズンの石打丸山スキー場の様子です。

今日のわかった

車でスキーに行くと、スタッドレスタイヤやチェーン等といった備品も揃えないといけないので、結構お金がかかります。東京の人は、新幹線で気軽にスキーに行けるので、うらやましい。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です