プリンターのインク代節約方法まとめ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブラザーインクカードリッジ

プリンターは消耗品ビジネスです。プリンター自体は複合機でも1万円くらいで購入できます。

ところが交換用のインクは1セット3,000円ぐらいするものが多いです。インクが非常に高いです。

プリンターのインク代を節約する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

インク節約設定

プリント時の設定で印刷品質を下げたり、印刷速度を速くすれば、インクの使用量は減ります。

更にインクを節約したければ、インク節約ソフトも存在します。印刷に細かい空白を入れたり、発色を薄くすることで、インクをさらに節約します。

これらの方法は、印刷の品質は下がってしまいます。年賀状の印刷などには不向きですが、普段使いには十分でしょう。

リサイクルインク

エコリカ

使用済みのインクを回収・再生して販売している業者があります。例えばエコリカだと、正規品より1,000円ほど安く購入できます。

メーカーの保証外です。専門業者が販売しているリサイクルインクなら、安心度は高そうです。エコリカは問題発生時にサポートが対応してくれるようです。それでも、基本自己責任でしょう。何かあっても補償はしてくれないと思います。

インクの詰め替えを自分で行う方法もあります。詰め替えインクが売っています。タンクに穴を開けてインクを注入します。

自分でインク詰め替えを行う方法は、コストパフォーマンスが非常に高いです。個人的にはお勧めしません。昔実践したことがあって、インクを数回交換したらプリンターのヘッドが壊れてしまいました。

とはいえ、最近はプリンター自体が安いです。壊れたら買い換えれば良いくらいの覚悟で利用するのもアリかもです。

▼▼▼▼

そもそものプリンター自体の保証期間が過ぎたら保証は効きません。保証が切れたらリサイクルインクに切り替えるのも手だと思いました。

今日のわかった

毎年、年賀状を自分で印刷していると「プリンターのインクは高いなあ」と感じています。

印刷をしながら、インク節約について調べてしまいました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です