「努力すれば報われる」と願いたいが、世の中甘くない

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

北岳から間ノ岳、農鳥岳

子供の頃から「努力すれば報われる」と言われ続けてきました。

テストの点は努力することで上げることは可能でしたが、社会に出ると、努力だけではどうにもならなくなります。

突き抜けるチャンスを掴み取れないと、「ラットレース」で同じ場所を回り続けているだけだったりします。自分は頑張っているつもりでも……。

スポンサーリンク

成功は偶然から生まれる

成功の90%は「偶然」から生まれます。そうですよね。論理的に辿れば成功に行き着くのであれば、誰でも成功できるはずです。でも、実際はそうではありません。一定の偶然が必要です。

「努力すれば報われる」ではなくて、「たまたま報われた。だから、もっと努力できる」に考え方を変えていきましょう。たまたま上手くいったことを大事にして、突破口とするのです。

偶然の成功を呼びこむには、チャレンジを増やすことです。確率が1%でも100回チャンスに出逢えば、1回くらい成功できるかもしれません。一回でも多く打席に立つためにという意味においては、努力(というか継続)は大切です。

好きなことを続ける

本当に好きなことであれば、何も見返りがなくても、ずっと続けられることができます。なぜなら「好きだから」です。

好きなことを続けている限り、周りからはそれが「努力」に見えても、本人にとっては苦ではなかったりします。

報酬を求めての努力は継続が難しいです。しかし、好きなことであれば、無尽蔵の時間とエネルギーを注ぎ込むことができます。成功する確率は圧倒的に高くなります。

「自分が本当に好きなことはなにか?」を知ることは、成功への近道です。

P7200116

ピンチこそチャンス

目の前を通り過ぎるチャンスを、見逃さないようにしましょう。チャンスはあっという間に通り過ぎます。

大きなチャンスは、自分にとって良かったことよりも、むしろ悪かったことの時に多く現れます。仕事で大失敗をした。事故にあった。失恋をした。絶体絶命の大ピンチで何が必要かを考えることが、新しいアイデアにつながります。

▼▼▼▼

当記事は、明石家さんま、「努力は必ず報われる」と思う人に「見返りを求めるとロクなことがない」を読んで、インスパイアされて書きました。

今日のわかった

努力の方向を間違えたまま努力しても、間違った方向に進んでしまいます。

方向を常に見極め、色々な可能性を模索して、自分の好きなことに無尽蔵のエネルギーを注ぎ込む。

チャレンジに見返りを求めてはいけない。失敗を恐れてもいけない。肝に銘じたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です