補償、保障、保証の意味の違い

DSC_1303

補償、保障、保証は、よく使う言葉です。使い分け方に迷うことがあるので、メモしておきます。

補償

損害や出費を金銭等で埋め合わせて償うこと。

「損害を補償する」といった具合に、実際に事故や故障が発生したあとの話です。

保障

将来の地位や生活を守ること。

老後の生活保障、安全保障といったように、将来のために実際に行動・措置をする。

保証

正しい・確かであると約束すること。

品質保証、保証書といった使われ方をします。

▼▼▼▼

生命保険では「保障」、損害保険では「補償」がよく使われるそうです。上記の説明と照らし合わせると、確かにそのとおりですね。

具体例で覚えておくと、分かりやすいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました