本当の検索順位を知る方法 googleパーソナライズド検索を無効

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「ウチのブログは『●●● △△△』のキーワードで1位だよ」と、知人に話したところ、「ウチのパソコンでは、お前のサイトはどこにも見当たらない」と言われました。

おや?

調べてみたところ、Googleの「パーソナライズド検索機能」が原因でした。

●パーソナライズド検索
私のネット生活は、Googleに完全に依存しています。GmailとGoogleカレンダー、Googleブックマークを常時利用するため、グーグルツールバーが常駐し、常にログイン状態になっています。

Googleは私のネット閲覧履歴を保存・分析して、よく閲覧するサイトの検索順位を上げるように、検索結果を操作するのです。

いわゆる、行動ターゲティングってやつですね。

自分が運営しているブログは、閲覧することが多いため、検索順位が高めになってしまうのです。

利用する人によって、検索順位が最適化されている…。便利な反面、常に監視されている様で、怖い気がしますね。

スポンサーリンク

パーソナライズド機能を無効にする方法

一番簡単なのは、Googleアカウントからログオフする方法です。と、言いたいところですが、話は簡単には終わらないのです。

実は、Googleはアカウントを持っていないユーザーの行動も監視しています。

今回の機能拡張は、ブラウザの匿名クッキーをもとに、過去180日間の検索履歴を参照して検索結果をカスタマイズする。これにより、Googleアカウントを利用していないユーザにも、過去の検索行動にあわせたパーソナライズされた検索結果が検索が提供されるようになる。

via: http://www.sem-r.com/google09/20091205110326.html

Cookie(PC側に識別データーを保存する機能)を利用して、Googleの検索履歴を識別しているのです。Cookieを切れば良いのでは?という話もありますが、Cookieはやっぱり便利ですし、捨てがたいです。

そこで、「Googleパーソナライズド検索を無効にする3つの方法」で、確実に機能を無効にする方法を見つけました。

検索結果のURLの末尾に「&pws=0」を追加すれば良いそうです。さらに簡単に作業するために、以下の様なブックマークレットを追加します。

Google Personalized Off

↑上のリンクを右クリックして、Firefoxなら「このリンクをブックマーク⇒ブックマークツールバー」、IEなら「お気に入りに追加⇒お気に入りバー」に保存すると、ブラウザー上部のバーに表示されて、いつでもワンクリックで、「&pws=0」を追加できるようになります。

SEOが変わる?

検索順位が高い上に便利で魅力のあるサイトは、利用頻度が高くなるため、検索順位がますます高位に安定することになります。

利用頻度が低いサイトは、最初は順位が高くても、行動データーによるカスタマイズで、順位がどんどん下がってしまいます。

結局、サイトの質や魅力を上げていくことが、最も効果的なSEOになるということなのでしょう。

勉強になりました。

今日のわかった

検索順位が上位になったからと言って、他人の前でぬか喜びしないように、気を付けましょうw

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です