ゴルフは、素直にプロに教えてもらった方が上達が早い

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4491

ゴルフを始めて約3年。100を切れず悶々としてきたのですが、最近ショットが明らかに変わりました。

きっかけは、プロのレッスンを受けたことです。

これまでずっと、正しいショットの逆へ逆へと進んでいたことが分かりました。思い込みや勘違いって恐ろしいです。

スポンサーリンク

一番シンプルなスイングを学ぶ

私はスライサーです。基本的にボールが右へ曲がっていくことが多かったです。スライスを克服するためにインサイドアウトのスイングを意識したりしてましたが、まったく直らず……。

今回レッスンで教わったことは、体の中心に軸にして、遠心力を使って気持ちよく振ること。そして、軌道の一番遠いところにボールを置けば、ボールは勝手にまっすぐ遠くへ飛ぶという、最もシンプルなショットです。

止まっているボールをまっすぐに打つことが難しい理由 – ゴルフから学ぶビジネス成功の法則

実際にボールを打つ前に、グニャグニャ曲がるゴム棒で、左右対称にブンブン振って、体の回転にクラブが巻きついてくるようなスイングを身につけました。利用している練習器具はこれ。

腕の回転だけでなく、体の回転を使ってスイングしないと、ボールは飛びません。しかし、私の場合は、体の回転を使いすぎて、体が開いてしまっていたようです。体が開けば、スライスするのは当然です。体の回転ではなく、肩からの回転を意識するくらいで丁度良いようです。

他人からの率直な意見は貴重

プロ曰く、シンプルなスイングでないと、再現しないそうです。ズレを治すために、別の部分をズレさせれば、全体的にプラマイゼロで、その時はまっすぐ飛ぶかもしれませんが、次の日に打っても絶対に再現しません。切った貼った修正するよりも、一番シンプルなスイングへ戻していく方が簡単です。

レッスンでは、スイングについて、プロがアドバイスをくれます。私はプロの一言で、スイングが変わりました。

これまでは、振り上げたクラブのヘッドの位置が高くて、手打ち&カット打法になっていたようです。「振り上げはもうちょっと背中の方」と言われて、体の回転に巻き付くようなスイングになりました。本当にちょっとしたことなのですが、基本がズレていると大きいです。

もちろんプロのアドバイスがすべて正しいとは限らないと思いますが、他人からの率直な意見を貰うことは大切です。知人から色々言われて「本当かな?」と疑問に思うより、ゴルフのプロに言われれば、納得がいきます。プロのレッスンを定期的に受けたほうが上達は早いと思いました。

今日のわかった

もっと早くプロレッスンの門を叩けばよかった。これまでゴルフにかけていてた時間があ…。

嘆いていてもしょうがない。これから巻き返すぞ!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です