富士登山競走山頂コース 馬返し・五合目関門タイム、ゼッケン番号と完走率の相関

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2018年7月28日に開催された、第71回富士登山競走山頂コース。朝の気温は20℃程度と涼しく、気候的にはベストコンディションにもかかわらず、完走率は43%と、低い水準でした。

猛暑による砂礫道の乾燥、外国人登山客の増加、五合目関門位置の変更、山頂レース出場権利を獲得できる五合目制限時間の繰り上がりなど、レースを取り巻く環境は変化しています。

来年以降のレース戦略を練るために、今年の走者タイムデータを分析して、何が起きていたのか調べてみました。

【追記2018/8/17】ゼッケン番号と完走率の相関を調べてみたところ、きれいな相関がでました。ゼッケン番号は走力順。結局走力なんですよね。

スポンサーリンク

スタートブロックと完走率の相関

  • Aブロック(5合目1時間50分以内) 90%(91.6%)
  • Bブロック(5合目2時間10分以内) 50%(63.9%)
  • Cブロック 7%(15.7%)

※カッコ内数値は2015年(全体の完走率は53.7%)の完走率。

以前はBブロックなら64%。つまり2/3は完走できたのですが、今回は50%と1/2です。Bブロックでもうかうかできない状況です。

Cブロックにいたっては、7%と10人に一人。鍛え上げて、かなりの走力をつけて臨まないと、完走は難しい状況です。

ゾーン 総人数 完走 DNF 完走率
A 394 354 40 90%
B 1163 579 584 50%
C 669 46 623  7%

馬返しタイムと、完走率の相関

2015年の記録によれば、馬返しを1時間5分以内で通過できれば、90%完走できたのですが、今年は1時間4分台のランナーは62%。1時間5分台だと48%となってしまいます。

完走率90%を確保するには、1時間3分以内で馬返しを通過する必要があります。

それ以降だと、ランナーの人数が急激に増えることも、完走率に影響を与えてそうです。人数が多いと渋滞が起きやすくなります。1時間以内なら、周りを気にせず走れそうです。

タイム 総人数 完走 DNF 完走率
0:58-59 60 57 3 95%
0:59-00 69 64 5 93%
1:00-01 79 75 4 95%
1:01-02 113 102 11 90%
1:02-03 112 101 11 90%
1:03-04 145 110 35 76%
1:04-05 144 89 55 62%
1:05-06 156 75 81 48%
1:06-07 131 35 96 27%
1:07-08 142 36 106 25%
1:08-09 130 16 114 12%
1:09-10 142 7 135 5%
1:10-11 98 0 98 0%
1:11-12 78 1 77 1%
1:12-13 68 0 68 0%
1:13-14 70 0 70 0%

五合目関門タイムと、完走率の相関

90%完走率を確保するには、2時間4分以内。2時間5分台だと70%。それ以降は、一気に40%まで下がってしまいます。

2時間4分を目指したいところです。

タイム 総人数 完走 DNF 完走率
1:55-56 37 37 0 100%
1:56-57 49 45 4 92%
1:57-58 37 34 3 92%
1:58-59 49 47 2 96%
1:59-00 44 38 6 86%
2:00-01 48 45 3 94%
2:01-02 54 46 8 85%
2:02-03 41 34 7 83%
2:03-04 58 56 2 97%
2:04-05 53 36 17 68%
2:05-06 63 45 18 71%
2:06-07 61 26 35 43%
2:07-08 65 30 35 46%
2:08-09 68 29 39 43%
2:09-10 80 17 63 21%
2:10-11 67 6 58 9%
2:11-12 73 10 63 14%
2:12-13 85 4 81 5%
2:13-14 82 1 81 1%
2:14-15 101 0 101 9%

ゼッケン番号と、完走率の相関

BとCゼッケン番号と、完走率の相関を調べてみました。

ゼッケン 番号 完走率
Bゼッケン 600-699 83%
700-799 72%
800-899 72%
900-999 69%
1000-1099 69%
1100-1199 61%
1200-1299 43%
1300-1399 35%
1400-1499 31%
1500-1599 25%
1600-1699 26%
1700-1799 21%
1800-1871 15%
Cゼッケン 1900-1999 11%
2000-2099 10%
2100-2199 4%
2200-2299 6%
2300-2399 6%
2400-2499 6%
2500-2599 3%
2600-2668 0%

完走にはBゼッケン以上とよく言われますが、Bゼッケンの中でも、1099番までは完走率70%ですが、それ以降の1100番台は61%、1200番台は43%、1300番台は35%と下がり、1800番台は11%まで低下します。

ゼッケン番号は、過去のレースの五合目タイム順にナンバリングされているため、番号が若いランナーほど走力が高いと言えます。

Bゼッケンを取れても、1100番以降のランナーは完走が難しいということを、意識しておきましょう。

考察

五合目〜山頂の砂礫道が猛暑で完走して、確かに滑りやすくなっていました。

外国人登山客の増加で渋滞が多かったという情報も聞きました。

最も明確なのは、五合目関門の位置が変更になり、距離が200mほど伸びたことです。

200mというと、キロ6分で走ると、1分12秒かかります。

今回のデータを眺めていると、例年の知見より、1-2分ほどスライドしている感じです。

詳しい因果関係は不明ですが、タイムがギリギリのランナーは、例年より1分速いプランを立てないと、完走できなくなるということです。

(関門移動による佐藤小屋渋滞緩和の効果もあったと思います。色々な要因を加味して、合計1分レースが難しくなったということ)

そして、ゼッケン番号と完走率には明確な相関があります。

完走率が大きく下がる1100番前後のランナーの五合目持ちタイムは、2時間ジャストくらいでしょうか。

スタートブロックによるスタートロスの違いは、最後尾でも2分くらいです。

つまり、走力がないとBゾーンでも完走できませんし、Cゾーンでも走力があれば、完走できる。

結局はランナーの走力なのです。

来年(2019年)以降の対策

山頂レース参加要件が五合目2時間20分に切り上がって2年目。2時間25分で参加できるのは第69回ランナーのみです。

全体的にランナーの走力が上がるため、これまで中堅と言われるゾーンも人数が増えます。円安が続く限り、外国人登山客も多いでしょう。

渋滞を避けるために、五合目までになるべく前の位置にいることが、より重要になってきます。

五合目を2時間以内で通過できる走力をつけることが、山頂へのパスポートになるでしょう。

【参考】

これまでポストしてきた記事をまとめて、コンプリートガイドを公開しました。
富士登山競走 山頂コース完走コンプリートガイド

今日のわかった

私の場合、馬返しを1時間2分台と、完走率的には安全圏ギリギリ通過でしたが、五合目は1時間58分と、余裕を持つことができました。

五合目までのトレイルで、積極的に前に出ていったのが結果的に良かったです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です