【目指せサブ3】暑い時期の効果的なトレーニングを考える

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

夏の暑い時期に一生懸命走っても、トレーニング効率が悪いので、これまではオフシーズンにしてきました。

しかし、昨シーズンの最後にサブスリーが見えてきました。暑い2-3か月を全部オフにしてしまうと、秋のレースに間に合いません。年齢的にもピークです。

今年の夏は、積極的にトレーニングをしていきたいと考えています。

スポンサーリンク

暑くても効果的なトレーニングをするには

気温が高いと、スピードを上げられません。体温が上昇して、脳がブレーキをかけるからです。

しかし、走力を上げていくには、何かしら負荷をかける必要があります。暑さの中で効果的に負荷をかける方法を考えてみたところ、2つアイデアが出ました。

峠走

暑い時期こそ、峠走が良いのでは?と考えました。

気温が高いと、体温が上昇すると脳がブレーキをかけます。当然、スピードが出ません。

しかし、峠なら、登りでは息が上がるので、心肺に負荷をかけられます。下りは楽なので、暑くてもスピードを上げられます。自然とスピードが出るフォームを身につけられます。

下り走は足への負荷が大きく、寒い時期に無理すると故障の原因になります。暑い時期なら筋肉が動きやすいので、故障の心配は少ないです。まさに、夏にやるべき練習なのかなと。

ゆっくり登って、下りは全力で降りてくる。夏にスピードフォームを身につけておけば、秋からの追い込み練習の効率も上がります。

朝練

朝食の前に走ると、グリコーゲンを貯蔵する能力が高まって、スタミナが増すそうです。

寝起きは体がうまく動かないので、スピード練習をするのはキツイです。スタミナ養成と割りきって走るのもありだと思います。

夏でも朝は気温が低いので走りやすいです。つなぎのジョギングは朝練にしてみます。

▼▼▼▼

暑い方が好きというランナーもいます。夏に積極的に距離を伸ばしています。当然、彼らは秋のレースが強いです。

私は暑いのが苦手です。うまく工夫して、暑い中でもトレーニング効率が上がるよう、努力してみます。

今日のわかった

トレイルランも良いと思います。ただし、山道は下りでスピードが出ないので、トレランは登り重視ですね。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です