コードレス掃除機はdysonをお勧めする理由 dyson v7 Slim SV11

新居に引っ越したついでに、掃除機を新調しました。

dyson v7 Slim SV11です。

コードレスで軽量。強い吸引力で、ごみ捨てが楽ちんということで購入しました。

小型&コードレスにこだわった

掃除機を使う際、一番面倒なのが、電源コードを伸ばして、コンセントに差し込む作業です。

ちょっとしたホコリに気がついても、掃除機を用意するのが面倒だと、「また今度で良いか」と先延ばしにしてしまい、部屋はどんどん汚れていきます。

コードレスなら、手にとってすぐに掃除ができます。今回はコードレスにこだわりました。

そして、小型で軽量なタイプを選びました。大きくて重いと、掃除が億劫になってしまいますので。

dysonは欧米メーカーなので、サイズが大きめ。dyson v7 Slim SV11は、日本の住環境に合わせて、小型に作られています。

とにかく、掃除機で掃除するハードルを低くし、ストレス最小を目指しました。

ゴミ捨てが楽ちん

小型でコードレスの掃除機は多くのメーカーが販売しています。dysonを選んだ最大の理由は「ゴミ捨てが楽」だからです。

ゴミ箱の上で、ワンタッチでゴミを捨てることができます。清潔ですし、吸引力が落ちることはありません、

紙パック式だと、ゴミが溜まると吸引力が落ちてしまいますし、紙パックの交換が面倒です。

ゴミが見える

dysonは自分が掃除したゴミが見えます。ゴミが見えるのはメリットだと思いました。

どれだけ部屋が汚れていたかを実感できます。多くのゴミが集まれば、掃除の達成感に繋がり、モチベーションが上がります。

強い吸引力

dysonといえば強い吸引力が魅力です。dyson v7 Slim SV11も吸引力に不満はありません。

「強」モードもありますが、普通は「通常モード」で十分です。「強」は車の中の掃除などで役立つそうです。

ヘッド部のブラシが回転するため、床の隙間のゴミも書き出して吸引してくれます。

弱点は「駆動時間」

小型コードレス掃除機の弱点は、駆動時間が短いことです。dyson v7 Slim SV11は「強」モードだと連続7分でバッテリーが切れてしまいます。

通常モードなら20分持つので、普通の室内の掃除なら十分です。

▼▼▼▼

他社の掃除機も見ましたが、余計な機能がついていたりして、魅力を感じませんでした。

掃除機で一番重要な性能は「強い吸引力」。そこがブレないdysonに死角は無いですね。

今日のわかった

たった一日でも、多くのゴミとホコリが溜まることが、衝撃的でした。

マメに掃除をしないと、すぐにホコリだらけになります。

dyson v7 Slim SV11なら、こまめに掃除ができるので、助かります。

家電
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました