ダイエットしたければ「蕎麦」を食え

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_9291

昨年の2014年9月から、食事制限とジョギングで5kgほどダイエットしました。

食事制限では、糖質・炭水化物の摂取を減らしました。しかし、まったく摂取しないわけにはいかないので、お蕎麦を良く食べていました。

その理由とは?

スポンサーリンク

カロリーだけで考えない

ダイエットでよくある勘違いの一つに、カロリーだけで考えてしまうことがあります。

例えば、チーズや牛乳といった乳製品は脂肪分が多くカロリーが高い食品です。ところが、体に吸収される速度が遅いため、逆に太りにくいのです。

白米や食パンといった炭水化物系の主食は、高カロリーな上に最も吸収が速い部類に入ります。食べるとすぐに消化・吸収されて血糖値が上昇します。太りやすい食べ物です。

よって、炭水化物を制限すると、あっという間に体重が減少するのです。

カロリー値だけでなく、吸収速度も考慮しないと、無駄に節制することになってしまいます。

GI値で比べる

食品が体に吸収される速度は、GI値という数値で比べることができます。

各食品のGI値リスト

GI値が大きいと、吸収が速い。つまり、太りやすいことを意味します。

ご飯、パン、うどんなどの主食の食べ物は、GI値が80以上です。圧倒的に太りやすいことがわかると思います。

ところが、主食系でも「お蕎麦」はGI値が54と、かなり低いです。吸収されにくい主食です。

お蕎麦は私の大好物なので満足感も得られます。よくランチでお蕎麦を茹でて食べています。

もちろん大盛りで食べてしまっては意味がありませんけどね。

▼▼▼▼

夕食では白米を食べない、もしくは少なくして、おかずをたっぷり食べています。お酒も我慢せず飲んでいます。アルコールはGI値が低いので、飲み過ぎなければ太る原因にはなりにくいです。

ダイエットはずっと続けられるものでないと意味が有りません。習慣を元に戻したら、体重も元に戻ってしまうからです。

我慢しないで、ダイエットを続けていくために、美味しいお蕎麦を上手く利用することをお勧めします。

今日のわかった

静岡は蕎麦文化圏です。美味しいお店も割と多いです。静岡の楽しみの一つです。

同じ麺類の春雨は更にGI値が低くて32です。私はトムヤム春雨もランチでよく食べています。お勧めです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です