Wifiルーターが故障しルータ買い替え

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バッファローのWifiルーター(WHR-G301N)を利用してきたのですが、突然故障してしまいました。

すぐに家電量販店へ向かい、新型のwifiルーターを購入。新しいルーターは快適です。

スポンサーリンク

故障の原因はブレーカー

部屋のブレーカーが落ちた後から、wifiルーターが上手く動作しなくなってしまいました。

電源(Power)ランプとDIAGランプが細かく点滅していました。調べてみると、どうやら電源アダプターの故障のようです。

ブレーカーが落ちた際に、電源アダプターに負荷がかかった可能性があります。

他の電源アダプターを利用しようと思ったのですが、バッファローWHR-G301Nの電源のソケットが一般的な形ではないみたいで、刺さりません。

購入してから7年ほど経っていることもあり、新調することにしました。

新型バッファローwifiルーター

購入したのは、同じバッファローのWSR-1166DHP3-BK。戸建2階や、マンション3DKに対応した、一般的なモデルです。

5GHzに対応しているのが嬉しいです。これまでは2.4GHzしか対応していなく、電子レンジが動くと通信が止まってしまいました。

子どもたちがYoutubeを観ているときに、電子レンジを使うと怒られることも無くなります。

ルーター設定

久しぶりにルーターを設定したので、何を設定するのか忘れていました。

設定画面から、プロバイダーのIDとパスワードを入力する必要がありました。我が家はニフティです。ニフティのメールアドレスとログインパスワードが、インターネット接続のIDとパスワードになっていて、それらを入力したら接続できるようになりました。

マラソン本を出版しました。フルマラソン、ウルトラマラソン、富士登山競走がテーマです。

今日のわかった

ウェブサイト運営や作成を生業にしているのに、Wifi環境はずっと2.4GHzだけだったという…。こんなんでも仕事になるのが、ネットの魅力です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です