与える側に回らなければ、実は搾取されるだけ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_2337

こっそりさんが興味深い記事をポストしています。

貧乏から抜け出せないシンプルな理由を書く

コンテンツを提供する側は成功し、消費する側は搾取されるという話です。世の中の仕組みを上手く言い当てていると感じました。

私も与える人が成功すると考えています。ほとんど同じ話なのかなと。すごく共感しました。

スポンサーリンク

商売とは「与える」こと

商売の基本ってなんでしょうか?

相手に価値ある商品やサービスを相手に与えて、代わりにお金を受取ることですよね。

つまり、「周囲に与える」という姿勢がないと、商売は絶対に上手くいかないのです。

ところが、多くの人は「貰いたい」「自分だけ得をしたい」と思っています。

どうやったら、相手からお金を奪えるかを考えてしまいます。そんな人から買いたくないですよね。

異業種交流会などに参加すると、契約を取りたい保険会社や車のディーラーの営業マンだけがわんさか集まってしまいます。お互いに保険と車の話しをしてしまい、話が噛み合いません。

得意なことを与える

与えるといっても、何ができるのかわからないという人は多いと思います。

無理に不得意なことをしてあげても相手も喜びません。自分が得意なことをしてあげればよいのです。「自分の得意なことを他人のために頑張る」ということです。

保険の営業マンなら、お得な保険をわかりやすく説明することが得意でしょう。もし営業する相手がいなければ、ブログに書いて、ネット上で公開してみてはいかがでしょうか?身の回りには居なくても、全国にはお得な保険の情報を求めている人はたくさんいます。

ネットに限らず方法は色々ありますので、得意な手段を用いればよいでしょう。「人に与える」ことができる人だけが、与える側に回れるのです。

相手に喜んでもらう

自分が得意なことでなくても、与えられるものはあります。

例えば、昨日ポストしたふるさと納税の記事にしてもそうです。ふるさと納税は絶対にお得な制度です。ところが知らない方が多いと感じたので、記事にしてポストしました。

情報は出し惜しみしても、いずれ広まります。だったら、自らドンドン与えていくほうが良いと考えました。おかげさまで多くの人に知ってもらえて良かったです。

要するに人々に喜んでもらえることを常に意識していれば、チャンスはあるのかなと思ってます。

▼▼▼▼

世の中「自分からは与えたくないけど、貰いたい」「自分だけ得をしたい」と思っている人がほとんどです。

だからこそ、小さなニッチなものでも、人々が喜ぶものを与えることができたら、「与える側」に回ることができます。

与えるかどうか迷ったら、与えてみる。動いてみる。

受け入れられるかどうかは、相手が決めることです。まずは与えなければ、何も始まらないのです。

今日のわかった

私も貰いたい人間ですが、ブログやウェブサービス運営を通じて、ほんのちょっとだけ「与える快感」を知ることができたので、なんとかやってこれたのだと思います。

これからもやっていけるどうかは知りませんが。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です