プラレールレイアウト – 高架の上下を走る立体レイアウト

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

P1000121

子供より親の方が楽しんでいるプラレール。

手持ちの坂道のレール(プラレール ニュー坂レール R-06)を利用して、高架の上下を走る立体レイアウトを作ってみました。

スポンサーリンク

高架の下を平行に走るレイアウト-長距離版

P1000116

今回イチオシのレイアウト。我が家のプラレール史上、最も壮大なレイアウトになりました。既存のカーブの組み合わせでUターンできることに気がついて、高架の長い距離を上下に走らせてみました。手持ちのプラレール ブロック橋脚 J-14を全部使い切りました。

P1000117 P1000118

高架の下を平行に走るレイアウト

P1000082

前述のレイアウトに至る前段階のレイアウトです。我が家はUターンレールを使ったレイアウトを得意としています。プラレール 単線・複線ポイントレール R-13を利用して、レールをずらすことで、高架の下を平行に走らせて見ました。

P1000081

高架の下を横切るレイアウト

P1000091

同じく前段階のレイアウト。鉄橋の下をクロスして通してみました。Uターンレールは単線を作れるので、少ないレールで長い路線をつくることができます。

【参考サイト】
プラレール沼

今日のわかった

次は複線のレールを揃えてみたいです。あともう一両車両を追加!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です