ビジネスシーンやフォーマルでのメンズ革靴の選び方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_1680

メンズの革靴には色々なタイプがあって、状況に応じて履きわける必要があるのをご存知でしょうか?

結婚式やパーティーなどフォーマル度の高い場で履く靴と、ビジネスやカジュアルシーンで履く靴は違います。

黒色の革靴であれば、なんでも良いというわけではありません。

スポンサーリンク

フォーマルからカジュアルへの序列

DSC_1682

トゥに横一線が入っているストレートチップに、靴ひもの部分が内羽になっているタイプが、最もフォーマルな革靴とされています。一足持っておくと安心です。

DSC_1681

横一線が入っていないプレーントゥタイプは、ビジネス向けですが、内羽であればフォーマルに対応できます。こちらも一足持っておくと何かと便利です。

外羽タイプになると開放的とされて、少しカジュアルになります。外回りの営業マンなどに向いているでしょう。

メダリオンという穴飾りやがあると、よりカジュアルです。モンクストラップという甲の部分ベルトがつくタイプ、Uチップ、ローファーと順番にカジュアルな部類になっていきます。感覚的に理解できると思います。

序列は下図を参考にしてみてください。

スキャン 6

引用元:デキる男のファッション講座

javariで靴を探す

DSC_1652

DSC_1706

javariはシューズがメインのネットショップです。

ネットで靴を買うなんて、と思われるかもしれません。靴は実際に履いてみないと購入できないという方がほとんどでしょう。javariは候補の靴を何足が注文して、気に入った靴だけを購入して、残りの靴は返品することが可能なのです。着払いなので返品は無料です。

試着・返品が無料! 靴を自宅で選べる通販サービスが存在する

そして便利なのが、javariの検索機能。上記で説明した「ストレートチップ」「内羽・外羽」「プレーントゥ」といった靴の特徴を、チェックボックスで選べるようになっているので、欲しいタイプの靴だけを素早く探せるようになっています。

欲しいサイズも入力できますので、実店舗で良くある「デザインは気に入ったのに、サイズがない」という事態を避けられます。効率よく靴を選ぶことができます。

靴はメンズファッションのキーパーツ

DSC_1663

メンズのファッションは、スーツがスタート地点です。そして、ノーネクタイ、デニムパンツ、Tシャツと崩していくとカジュアルになっていきます。そして最後に崩すのが革靴になります。スーツからいきなりスニーカーではおかしいですよね。

革靴は数種類持っていたほうが、ファッションに幅ができます。

今回私が購入した靴はこちらです。モニター案件としてjavariからの10,000円のクーポンを利用して購入しました。


[アントニオ デュカティ] ANTONIO DUCATI 内羽根 DC7071 BL (ブラック/26.5)


[リナシャンテ バレンチノ] プレーンタイプ TB3023 (ブラック/26.5)

フォーマルで履けるストレートチップ&内羽と、ビジネス&カジュアルで履けるプレーントゥ外羽です。ご参考にどうぞ。

今日のわかった

以前はアメカジがメインだったのですが、最近はいわゆる「カジュアル」の場に出る機会が増えてきたので、スーツを基本に崩していくヨーロッパ風の着こなしに移行しました。

その辺の話も追々していきたいと思います。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です