新型ウイルスで世界中のエネルギー消費が減少。元に戻さす持続可能な世界を目指したらどうか?

確かに新型コロナウイルスは怖いですが、個人的には夏の超大型台風の方が怖いです。

現在は、経済活動が停滞し、エネルギー消費量が抑えられてます。

騒ぎが終わっても、元の世界に戻さず、地球温暖化を防止するため、エネルギー消費を抑えた世界になってほしいです。

スポンサーリンク

地球はキレイになっている

新型コロナウイルスがパンデミックとなり、世界中の国々の経済活動が停滞しています。

各都市の工場は停止。走行する自動車の量も減り、大気汚染が改善されているそうです。

原油の価格が低下していることから、エネルギー消費量も減少しているはすです。原油の消費が減少し、買い手がつかないのです。

さて、治療薬やワクチンが開発され、新型コロナウイルスの驚異が薄れたら、人々はまた同じように経済活動を始めるのでしょうか?

いま、世界中の都市の空気が綺麗になっています。エネルギー消費も抑えられています。

二酸化炭素の濃度変化

中国

イタリア


新型コロナウイルスの影響は宇宙からも見えているより

エネルギー消費を抑えて地球を冷まそう

おそらく、地球温暖化の本当の原因は、地上での過剰なエネルギー消費です。あちこちで車が走り、膨大な電力を発電するために熱を生成していれば、そりゃ気温も上がります。

新型コロナウイルスが収まっても、あと数ヶ月もすれば、北半球は夏になります。去年と同じような超大型な台風がやってくるでしょうし、豪雨も降るでしょう。

正直言って、コロナウイルスよりも、超大型台風の方が怖いです。

せっかく、世界中のエネルギー消費が減少したのですから、すぐにもとに戻さないで、持続可能な社会を目指したらどうかな?と思います。

ピンチはチャンス。感度を上げて生活を

リモートワークを推進して、自動車や電車の本数が減れば、エネルギー消費が減ります。

給料が減り、不要不急の外出を控えていれば、生活に本当に必要なものが、あぶり出されてきます。

変化やトラブルは、不安になったり、ストレスになりますが、普段は見えなかったことが見えるチャンスでもあります。

しばらくは、アフターコロナの世界にマッチした活動やビジネスを意識しつつ、粛々と生活したいと思います。

今日のわかった

これまでと同じ消費経済第一主義で突き進めば、地球は異常気象でやられてしまいます。

今回のパンデミックは、世界のあり方を変える良いタイミングです。

地球をクリーンにする方向に経済を振り向けて欲しいです。

ビジネス
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました