赤ちゃん 2カ月

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

生まれて2ヶ月が通過しましたよ。


なぜか右手を上げて寝入る息子

長いようで短いようで長いような。
そんな月日を送っています。

スポンサーリンク

パパ&ママはどこ?

だんだん目が見えてきているのか、我々の動きを目で追うようになりました。

ぐずって泣き始めたときに、近くに寄って話しかけると、泣き止んだりします。親の存在を認識してきたみたいです。

そして、ふと微笑んだりします。

こうなると、そばを離れられないですね♪

仕事あきらめました

私は自営業をやってます。仕事場は住居の一室です。

よって、子供が泣けば、気になって様子を見に行ってしまいます。さすがに仕事の能率は下がります。

まあ、これはしょうがないのかなと。

わが子の泣き声に反応する本能が、動物には刷り込まれているのでしょう。DNAレベルで。

私は、世の中の会社で働くお父さんたちよりは、長い時間を接することができます。

それはそれで、とても幸せなことだと、前向きに考えています。

しばらくは本能のままに、子供優先の生活を送ろうと思います。

観察から

書籍やネットを通して、子育てに関する情報はいくらでも手に入ります。知人も色々なことを教えてくれます。

でも一番重要なのは、自分の目で赤ちゃんをよく観察することだと思います。子供が本当は何を必要としているのかは、表情や動きから推測するしかないでしょうし。

もっと成長して、小学生になっても中学生になっても、それは同じだと思います。

というのは、自分の子供のころを思い出すと、親は常に先回りをしてくれていたような感じがありました。

そんな、なんともいえぬ安心感を、わが子にも持たせられるよう、親としての嗅覚を磨いていきたいなと思ってます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    長い時間接することができるのは,すごく幸せなことだと思います。特にこの時期,親にとっても,子にとっても貴重な時間ではないでしょうか。
    子育て楽しいよね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です