「アクションが必要です: 米国税金情報の更新が必要となります」メールの対応

突然、「アクションが必要です: 米国税金情報の更新が必要となります」というタイトルのメールが来ました。

最初はなんのこっちゃ? と思ったのですが、調べてみると、KDP(Kindle出版)がらみでした。何冊か、KDPで出版して販売しています。

米国税金情報を更新しないと、30%の現地税が源泉徴収されてしまい、二重課税になってしまいます。

日本と米国は取り決めがしてあります。米国税金情報を更新して、二重課税を防ぎましょう。

スポンサーリンク

米国税金情報の更新方法

KDPの管理画面からログインしたら、一番上の「アカウント」をクリックして、マイアカウントに入ります。

スクロールしていくと、「税に関する情報」が出てきます。該当する源泉徴収率が、「30%」になってました。これだと、アメリカと日本で二重課税になってしまいますので、対応が必要です。

「税に関する情報を表示/提出」をクリックすると、税金ダッシュボードというページに遷移します。「税務情報に関するインタビュー」の「インタビューを実行」クリック。

あとは指示通りに情報を入力していきます。一番重要なのはTIN値です。「私は米国以外のTIN値を持っています」にチェックを入れて、TIN値を入力します。TIN値とは、マイナンバーカードの番号です。

税制上の居住国や、署名(ローマ字)を入力していけば、書類が完成します。

作業が完了しました。

源泉徴収率が0%に変わったので、大丈夫でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました