10分間で1億8千万円売り上げる! お笑い芸人の仕事術

Yahooニュースで、面白い記事を見つけました。

「オレ、もう“そっち”なの?」。「ペナルティ」ヒデが語る通販への葛藤と本音

お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんは、フジテレビの朝の番組「ノンストップ」内の通販コーナー「いいものプレミアム」のMCを担当しています。

なんと、この10分くらいのコーナーで、1億8千万円も売り上げたことがあるそうです。

スポンサーリンク

10分間で1億8千万円の男

通販コーナーのMCの話が来た当初は、「オレ、もう“そっち”なの?」と、否定的な反応だったとか。しかし、先輩芸人のアドバイスもあり、チャレンジしてみることに。

1億8千万円も売り上げたと聞かされときは、驚いたし、やりがいを感じるようになったとか。

そりゃそうですよね。 10分足らずの時間で、1億8千万円も売れる能力が自分にはあると気がついたら、俄然やる気になります。

ビジネスでは、いくら良い商品を作っても、消費者に良さを伝えるセールス力がなければ、売れるものも売れないのです。

しかも、セールス力は、商品の分野が変わっても、ある程度通用する万能の能力なのです。

ヒデさんに紹介してもらえば、商品が売れる! という評判がたてば、ヒデさんは一生仕事に困ることはないでしょう。

大物お笑い芸人から学ぶ「最強プレゼン術」

そんな、ヒデさんの卓越したセールス能力は、周囲のお笑い芸人たちを教科書として学んできたということです。

ノウハウを「最強プレゼン術」として、本にまとめて出版されました。

勝ち癖がつく 最強プレゼン術 単行本 – 2021/7/15

明石家さんまさんから始まり、活躍している大物のお笑い芸人さんたちの強みを紹介しつつ、プレゼン技術に落とし込んでいる本です。

お笑いが好きな方なら、楽しく読める内容になっています。

自らハードルを上げない

ヒデさん独自のノウハウも紹介されています。特に印象に残ったのが「自分でハードルを上げない」というお話。

例えば、こういう話し方をする人って、身近にいませんか?
「ねえねえ、すごく面白い話があるんだけど・・・・・・」でお話を始める人。私のは常々思うのです。なぜ、自らハードルを上げる必要があるのか・・・・・・まったく理解できません。

via: 勝ち癖がつく 最強プレゼン術 -P39

面白いと思ったことを、相手に伝えたいのはわかるのですが、あまり期待させすぎてしまうと、面白さが半減してしまうということです。

確かに私も身に覚えがあります。気をつけたいと思いました。

今日のわかった

芸人さんは、本当に頭が良いと思います。道具などを使わず、身一つ喋りだけで、人々を惹きつけ、笑わせるのはすごい技術だと思います。

読書感想文
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました