成長することは「変えること、変わること」

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

これまでの自分の半生を振り返ってみると、自分が成長できたのは、順調な時ではなく、失敗したり、トラブルに見舞われているときでした。

できれば失敗はしたくないですが、自分を変えることができるタイミングでもあります。

「99%の人が知らない」 人生を思い通りに動かす大富豪の教え

いつもは利用しないグリーン車に乗った主人公が、たまたま隣り合わせた大富豪と出会い、自分を変えて成長させていく過程を読むことができます。小説仕立てなので、読みやすいです。

この度、出版社の方から連絡があり、本書を送って頂きました。ありがとうございます。

本書を読みながら、共感したり、考えたことをまとめました。

スポンサーリンク

いつもと違う環境に身を置く

通勤通学で、毎日同じ道ばかり通るよりも、違う道や電車を使うと、違う景色を見ることができます。

本書のように、いつもは利用しないグリーン車に乗ってみたり、高級なお寿司屋さんに入ってみることで、新たな出会いや知見を得ることができます。

「成長とは変化すること」です。例えばサッカーでも毎日同じ練習を繰り返していても、成長できません。常に違う練習をして、脳内の神経を増やしていくことが、手数の多さにつながります。

トラブルがあっても、変化できるチャンスと捉えれば前向きになれますし、トラブルこそ成長のチャンスだとも言えます。

2,000円以上の本を読む

日本人の著者が書いた本は、たいてい1,000-2,000円のゾーンです。海外の著者が書いた本は2,000円以上の本が多い。

日本のビジネス書のネタは海外の本から仕入れることが多いです。直接原著に当たった方が、より深い知見を得られます。

マーケティングであれば、コトラーやキャズムなど、特に古典と言われている書籍は、チェックしておきましょう。

スピード、スピード、スピード

できる人は、お勧めの本を紹介したら、その場でスマホで注文していました。私も人がお勧めする本はその場で注文するようにしています。

ちょっとした遅れの積み重ねが、人生全体で見ると5年10年になってしまいます。

やりたいと思うタイミングが始め時。批判するのではなく、まずは受け入れてみる。一歩踏み出してみる。そして取捨選択すれば良いことです。

運動をする

定年になってから運動を始めようと思っても、成人病や筋力の低下により、運動できる体でなくなってしまうこともあります。運動を始めるなら今すぐです。

若いほうが運動神経が良いので、競技のスキルを早く習得でき、より効果的に体を鍛えることができます。ある程度のレベルに達すれば、老後も運動を楽しめます。

同じ70歳でも、老けてしまう人と、若々しい人がいます。周りを見渡しても、運動習慣のある方は、若く見えます。

100歳時代を迎えて、健康格差はさらに広がっていきます。今からでも遅くはありません。すぐに運動を始めましょう。

成功談にこそ大切な情報は存在する

成功談に対して、「それはあなただからできた」「あなた一人に当てはまる話であって、万民に当てはまる話ではない」のようなことを言う人をみかけます。

しかし、万民に当てはまる成功法則なんてものがあったら、みんな成功してしまいます。そんなものは存在しないのです。

個人の成功談を読み、その中から自分に適用できることを選んで、取り入れていくことが大切です。

今日のわかった

本田宗一郎さんや、松下幸之助さんの自伝も読んでみたくなりました。

時代が違う人の話のほうが、現代に通じる知見が得られる気がします。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です