市民ランナー憧れのシューズ – ターサー・ジールは美しい

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_7702

年明け以降のレースのために、シューズを新調しました。とうとう買ってしまいました。ターサー・ジールターサーシリーズのニューモデルです。

スポンサーリンク

くびれがセクシー ><

スポーツ店にシューズを物色しに行く前から、漠然と「ターサーかアディダスゼロかなあ」と思っていました。スポーツ店で実物を見て、ターサージールに一目惚れしてしまい、即購入しました。

DSC_7703

ベロの部分にはターサーにしかない「虎走」の刺繍が。ターサーとは「タイガーレーサー」を略したものらしいです。タイガーレーサー=虎走ということで、ターサーシリーズだけに刺繍が入っているそうです。なるほどです。

DSC_7705

ターサージールのウリは「足入れ感」です。走っている最中に「かかと」が靴から抜けてしまうような感覚があると、エネルギーをロスしてしまいます。ターサージールはかかと部の3D的な構造を見直しして、ホールド感を高めているそうです。

DSC_7706

シューズの裏のくびれがセクシーですねー。毎回このくびれに惹かれてしまって、アシックスを選んでいる気がします。足裏の接地面積が大きい靴は、蹴る力が分散してしまい、スピードが出ない気がするのは私だけ?

軽さとグリップ力

DSC_7717 DSC_7718

明らかに軽いですね。これまで履いていたライトレーサーDS2 WIDE(TJL403)が230gぐらいだったのに対して、ターサージールは190gと40gの軽量化です。40gといえど、20%もの軽量化です。足の先端に履くものなのでてこの原理で効いてきます。

DSC_7707

DSC_7709

シューズ裏のチップ状のスパイクが、路面に食いつきます。

DSC_7725

ただし、このチップ状のスパイクはすぐに摩耗してしまうらしいです。ターサージールは本番のレースと強いトレーニングをするときだけ履いて、あとはこれまで通りライトレーサーでトレーニングしようと考えています。

2014/11月現在の最新モデルはターサージール3です。
Amazon経由だと送料無料/無料返品が可能です。

今日のわかった

11/11のつま恋チャリティーマラソン10kmで、ターサーデビューする予定です!ちょっと記録は狙えそうにないので、靴の感触を確かめながら、楽しく走ってきます!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です