サブスリー達成へのアイデア

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4056

サブスリーを達成するには、1kmを平均4分15秒で走り切る必要があります。ならばと、スタートから4分15秒を刻み続けるレースにチャレンジする人がほとんどでしょう。でも、このプランでは必ず後半失速してしまいます。

逆転の発想で、

サブスリー達成するには、ゴール直前で4分15秒のペースで走れてなくてはいけない。そのためには、道中どんな走りをしないといけないのか?

と考えると、新しいアイデアが生まれてきます。

スポンサーリンク

普通の考え方

フルマラソンでサブスリー(3時間未満)を達成するには、1kmを平均4分15秒で走り切る必要があります。多くのランナーが、スタートから4分15秒で入って、ゴールまでペースを維持しようとします。

しかし、42.195kmをずっと同じペースで維持することは難しいです。疲労が蓄積していくからです。25kmくらいまでは我慢出来ても、30kmの壁に阻まれ、ペースダウンしてしまいます。

後半失速してしまうと、それ以後は体全体が棒のようになりThe End。スピードが上がらないので、トレーニングにもなりません。フォームが崩れるため、脚への負荷が大きくなり、故障しやすくなります。

スタートから目標ペースで走り続けるレースプランは、リスクが大きいと感じています。

後半キロ4分15秒を維持する走力をつけるには、前半のペースでゴールまで粘るレースプランを意識したトレーニングが必要です。30kmのレースペース走をしたり、フルマラソンレースを練習代わりにして、数多く出場するのも手でしょう。

しかし、このトレーニング方法は故障と背中合わせです。脚がかなり頑丈でないと難しい。

IMG_4058

逆転のアイデア

そこで、逆転の発想をしてみます。

後半の30km地点からゴールまでキロ4分15秒くらいで走れる走力がないと、そもそもサブスリーは達成できないと考えるのです。

まずは前半のペースは遅くても良いので、30km以降でキロ4分15秒まで上げて走れるレースを目指す。もし達成できれば、次はラストスパートの距離を25kmから、20kmからと長くしていくのです。

前半ペースを落とすことで、じっくり脚を温められるので、故障しにくいです。

では、後半スピードアップできる脚をつくるには、どんな練習をすればよいか?これはもうスピード練習しかないです。そもそも最低でも1km4分15秒、10kmを4分15秒×10=42分30秒で走れるスピードがないと、物理的に不可能なのですから。

インターバルやビルドアップ走で、少なくとも5kmなら18分台、10kmなら39分台で走れる力をつけておきます。

▼▼▼▼

とにかく一度、後半をキロ4分15秒で走れた実績を作ってしまうことかなと。サブスリーを走れる絶対的なスピード能力を手に入れることが先決です。スタミナアップのためのロング走はその後でも十分かなと。

フルマラソンをスタートからのタイムの積み上げとして考えるのではなく、ゴール前のラップから逆算していく考え方もアリだと思います。

今日のわかった

私は走力はサブスリーにはほど遠いです^^ 本記事の内容は、思考実験の結果です。

写真は久能海岸からの風景です。いつもこんな所を走っています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です