しまだ大井川マラソン2018 我慢の走りでコースベスト達成

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

しまだ大井川マラソンに出場しました。今回で7回目。

朝の気候と予報から、残念ながらプライベートベストでは走れないと判断。35kmまで我慢の走りで、ラストビルドアップ。

3時間15分05秒(ネット)と、コースベストを3分15秒更新。ベストには程遠いですが、納得のいくレースとなりました。

スポンサーリンク

鬼門のしまだ大井川マラソン

これまで6度出場しているしまだ大井川マラソン。毎年散々な結果でした。

去年台風の中、始めてサブ3.5を達成できました。本当に苦手なレースです。

玉砕という言葉が多い。

しまだ大井川マラソンは、毎年シーズン初戦です。調子のバロメータとして、そして、私のライフワークとして、毎年出場すると決めています。

ウェアと装備

スタート時点で18℃。気温がどんどん上がり、最高気温は22℃くらい。日差しもあって、暑くなるということで、ウェアはノースリーブ。

ふくらはぎにつけているゲーターも今回は無し。

アキレス腱の保護のため、足首にテーピングを巻きました。

スタートまで

静岡駅6:50の電車で向かいました。車両を連結したようで、後ろの車両が空いていました。無事座ることができました。

7:40くらいにスタート地点に到着。トイレはガラガラ。ゆっくり軽量化を済ませました。

靴紐確認のために200mほど走ったり、ストレッチをしているうちに、8:20くらいに。トイレに寄りながら、スタート地点へ。

気温はすでに上がってきていて、暑くなるのは明らか。この時点で4’30/kmキープの3時間10分を目標にすることにしました。

Aゾーンの後ろのほうからスタート。ロスは25秒。一抹の不安を感じながらのスタートでした。

20km折返しまで

スタート直後は渋滞に。最初の1kmは4分41秒かかりましたが、その後はペースが上がり、4分30秒/kmをキープできました。

しかし、行きは下りの追い風。風向きが西南西だったようで、コースの方向によっては、向かい風を感じることも。特に河口付近で向かい風を感じました。

20km通過は1時間30分52秒。我慢の走りでした。

34kmまで

折り返してからは、いつもの登り。ただ今回は、しばらくは追い風だったので、スムーズに入れました。例年だといきなり向かい風で、タイムが一気に落ちて、焦って撃沈というパターンです。

とはいえ、ラップは7-8秒落ちました。向かい風になってくると4’40/kmを切れなくなってきました。

この区間でのペースアップは危険なので、4’40/kmで我慢しました。気を抜くと、ラップが落ちてくるので、同ペースのランナーを追いました。何度か知人に追いつかれて、突かれたのも良かった。

足が重くなってきたけど、踏ん張れました。富士登山競走に向けての坂道練習が効いていたのかもしれません。

34km手前の大エイドに到着。走りながら物色しましたが、ピンとくるものがなく、スルーしてしまいました。10kmおきにメダリストとジェルを補給してきて、パイナップルとバナナももらった。水分も給水で1-2杯もらってました。残り8kmなら、補給無しでも行ける!

38kmまで

大エイドを過ぎると、コースはさらに北上。新東名の下まで登ります。この区間が精神的にきつい。4kmくらいなのですが、なかなか折り返しが見えない。

35kmあたりでダラダラペースが落ちてきたところに、良いペースのランナーがいたので、自然とついていく感じで、ペースアップ。

足は重いけど、我慢してきただけあって、健在です。頑張ってペースアップしても最後まで持つと判断。

37km過ぎの折返しからは、下り追い風。一気に足が軽くなりました。河口の追い返しから17km。これをずっと待っていた!

ゴールまで

帰りのゴールまでは、一気にペースアップしました。時計を確認すると、頑張れば3時間15分を切れるかも。

40km通過してからは、4’30/kmを切るペースに。出し切ろうと思いました。

ラスト1kmは、呼吸も荒くなりました。あとから確認したら、最後の400mは4分切ってた。

そのパワーをもっと前から出していればと思うのですが、ゴール前潰れてしまっては元も子もないので。

去年は池となっていたゴール前を走り抜け、ゴール!

3時間15分05秒(ネット)

ゴール後

かぶり水が用意されていたので、塩が噴いていた手足を洗い流しました。

荷物はこちらが向かう前に係の方が持ってきてくれました。ありがたいです。

更衣室でゆっくり着替えました。飛び賞を確認したら、なんと当たってました。

賞品引換所で、「べにふうきゼリー」をもらい、そのまま屋台へ。「おもてなし券」でビールを買って、表彰式をみながら乾杯!

その後、仲間たちを落ち合って、打ち上げをしました。

キツイレースでしたが、各々それなりのタイムで走れたようで、楽しい時間となりました。

反省点

2年連続優勝した方は、去年より2分遅いということでした。実は昨年の台風の中のレースの方が、タイムは出しやすかったようです。台風前なのに、風がなかったんですよね。

私は今年の方が3分速いですので、去年の同じ時期よりは走力は上がっています。更に、去年の11月に走ったさいたま国際マラソンよりも速いです。

富士登山競走のトレーニングから、9月の10km走や1kmインターバル、20km走でつなげこれたことが、結果に出ていると思います。

ですが、もっと上げられたのでは?とも思ってます。それなりにキツイトレーニングを続けてきたので、もう少し結果が欲しかった。

これが、年齢の壁なのでしょうか? そうは思いたくないですが。

今回のレースが良いトレーニングになっているはずなので。来月のつくばに向けて、もう少し負荷の高いトレーニングも入れながら、頑張ります。

大会スタッフ、ボランティア、沿道で応援してくれた皆さん、そして、一緒にゴールを目指したすべてのランナーに感謝します。

ラップ

今日のわかった

最後上げれたレースは「もっとやれたのではないか?」と思い、後半失速したレースは「なんで突っ込んでしまったのか?」と悔やむ。

正解があるとすれば、プライベートベストかコースベストですかね。

今回はコースベストだったので。判断は間違ってはなかったと思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です