「SEOに強いブログ記事」を書く方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SEOに強いといわれるブログ。
各記事が固有のパーマリンクで保存されて、それらの記事がリンクで構造的に結ばれるためです。

しかし、最近はブログ数が急増しています。
やみくもに記事を書いても、効果は上がらないでしょう。

そこで、私が日ごろ意識していることをメモしておきます。

【SEOに強いブログ記事を書く方法メモ】

●書きたいことを、1?2個のキーワードにまとめる
一記事一テーマを徹底するためです。何について書いた記事かを端的に表す言葉を一つ(もしくは二つ)選んでください。

もしたくさんのキーワードが出てくるようであれば、記事を分けたほうがよいでしょう。

●上記キーワードが入ったタイトルを作る
極端な話、タイトル=キーワードでもよいと思います。そのほうが端的でわかりやすい場合が多いです。

●meta keywordタグにキーワードを書き込む
きっちり入れていきましょう。
※meta descriptionにはキーワードをメインにした文章を記入してもよいでしょう。通常は本文の先頭部分が自動的に書き入れられます。

●本文中にキーワードを積極的に入れる
ページ全体のキーワード濃度をあげましょう。

+++

タイトルに「やってもた?!」とか「今日は疲れました」とか書いているブログを見かけます。これはものすごく無駄です。

何をやったのか?何が疲れたのかをきっちり書くべきです。

タイトルは、その文章を端的に表すキーワードをメインにしたものにすべきです。

人間が読んでも、何の記事だかまったく理解できないものを、検索エンジンが理解できるはずもありませんよね。

検索エンジンにわかりやすい記述というのは、人間が読んでもわかりやすいのです。それがSEOの基本だと思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です