フルマラソンを完走するのに、長距離練習は必要はない

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ライトレーサーTS4

800mの選手は、800m走ってトレーニングするように、フルマラソンを完走するには、42.195kmを走って練習する必要があると思われるかもしれません。そんな長い距離を日頃から走っていたら、体を壊します。

実は、一日30分しっかり練習すれば、フルマラソンは完走できるようになります。サブフォー(4時間以内)以上も目指せます。

スポンサーリンク

実はダイエットが一番効く

体重が軽くなると、圧倒的に走りやすくなります。2kg痩せれば、体が2Lのペットボトル分軽くなるのと同じです。

ジョギングではダイエットは難しいです。5km走っても300kcalくらいしか消費できません。

日々の炭水化物の摂取量を半分くらいにすれば、2-3kgならあっという間に減ります。白米は半分残しましょう。

体重が減れば、故障する危険も少なくなります。「ちょっと太りすぎかな」と思う方は、走る前に、ダイエットから始めましょう。

体幹トレーニング

長い距離を走るには、脚力は必要です。そして、脚と同じくらい、上半身の筋力も必要です

ジョギングする時間がないときは、短時間で体幹トレーニングをしましょう。

いくら脚力が強くても、上半身がグラグラしていると、余計なエネルギーを消費してしまうのです。効率よく地面を蹴れません。

V字腹筋と、背筋、腕立て伏せ、スクワットを20回ずつ3セットくらいできるようになりましょう。

スロージョグから

ジョギングは、スロージョグから行いましょう。歩くのと同じくらいのスピードで走ります。

胸と肩を開き、胸を張り、あごを引き気味にして、骨盤を立てるフォームを意識しましょう。

足が温まってきたら、自分が気持ち良いと思うスピードまで上げます。

30分連続して走れるようになったら、途中200mくらいのダッシュを、数本入れてみましょう。フォームが大きくなり、息がゼイゼイすることで、心肺機能が向上します。

▼▼▼▼

ダイエットをして、体幹を鍛えて、毎日30分走れるようになれば、フルマラソンは完走できるはずです。ぜひチャレンジしてみてください。

このたび、マラソンをテーマとした、電子書籍を発刊しました。

わかったブログの、マラソン関連の記事をピックアップして、書籍用に加筆修正して電子書籍にまとめました。各章(各記事)の後には、Blog後記として、現在の感想を追記してあります。

最初の章「超効率的練習方法&レース戦略」だけは、当時のブログ記事の内容をベースに、現在の考えを加えて新たに書き下ろしました。

マラソンを研究している専門家さんや、2時間台で走るエリートランナーさんとは違い、ズブの素人ランナーがもがき苦しんで、サブ3.5を達成した経験が元になっています。一般ランナーに近い目線からの内容になっています。

失敗を繰り返しながら、泥臭くタイムを伸ばしていった過程を、そのまま掲載しています。サブ3.5を目指しているランナーさんにとって、ヒントやきっかけになれば幸いです。

※書評を書いていただけたら、ぜひ@kankichiまでご連絡ください。ブログやソーシャルメディアで紹介させて頂きます。

今日のわかった

サブ3.5を目指すランナー向けに書いた本ですが、サブスリーを目指している今も同じ考え方でトレーニングをしています。

レベルを問わず、短時間で効率よく練習をして、レースに臨みたいランナーさんにも参考になれば嬉しいです。

Amazonのカスタマーレビューが少ないです。コメントを頂けるとめちゃくちゃ喜びます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です