あなたがブログを続けるべき理由

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_0217

これからの時代、独立起業してどんな商売を始めるにしても、インターネットは強力な武器となるはずです。特に「ブログ」はビジネスのメインエンジンとして役立つでしょう。

ブログを続けることが人生のリスクヘッジの一つになると考えています。

スポンサーリンク

好きな事を続ける基盤になる

仕事、趣味なんでも構いません。毎日やっていても飽きない大好きなことを続けて、その情報をブログにポストし続けるのです。マニアックな内容で自分の周りに話が合う人が少なくても、全国にはおそらく数千人レベルで同じ興味を持つ人がいます。

好きな事であれば、記事をポストし続けるのは苦ではないはずです。読者がついて交流が始まれば、もっと面白くなります。ブログを長く続ければ続けるほど、信用力が付いてきて、ニッチなジャンルのオピニオンリーダーになれる可能性があります。

特定のジャンルの記事が増えてくれば、SEOが効いてブログアクセスが増えます。さらに読者が増えて、Googleアドセンスなどの広告サービスを利用すれば、それなりの収益を得ることができます。

収益を自分の好きなことに投資することで成長し、成長の姿が読者の共感を呼んでさらに読者が増える…、という良いスパイラルが生まれたらベストです。ブログを中心としたエコシステム、「好きな事を続ける基盤」を手に入れることができます

ビジネスのキャッシュポイントとして

ブログをビジネスへ利用する際は、一般的には集客として利用することを考えると思います。発想を逆転して、ブログをビジネスの収益源としてみてはいかがでしょうか?特にネット業界では次々と新しいサービスが立ち上がっていて、ほとんどが無料で使える「フリー」文化が浸透しています。

フリー文化では収益を広告収入に頼ることになるのですが、利用者が広告をクリックしてくれるとは限りません。バナーがベタベタ貼ってあるサービスはユーザビリティに反します。ネットサービス上での収益化は難しいのです。

それなら、始めからネットサービス上での収益化は諦めて、開発者ブログへ誘導して、ブログで収益化するという方法もあります。ブログへのリピーターが増えてくれば、収益も増えていきます。サービスが競争激化で廃れても、ブログのリピーターは残ります。サービスだけでなく開発者の信用・ブランドをブログに蓄積していくのです。

IMG_2063

広告の設置は慎重に

ブログで収益化はどうなのか?という意見を持っている人も居るかと思います。個人ブログでお金儲けなんて不健全だと。

最近はステマ騒動などもあって、ブログで収益化に嫌悪感を持っている人が多いようです。もちろん、ブログ上の全ての記事がアフィリエイト記事だったら、読者は離れてしまうでしょう。

広告の濃度を低くして、広告を設置していることを明記するなど、なるべく読者に不快感を与えない程度に押さえる必要があります。読者のための姿勢を貫き通すことで、信用を保持することは可能です。

Googleアドセンスや、私が運営している「ヨメレバ」「カエレバ」などは、ブログの記事になじみやすく、手前味噌ですがお勧めです。

アクセス数は力

ブログはアクセス数だけで評価するべきではない。確かにその通りです。しかし、広告の濃度を薄くしつつ、ある程度の収益を上げていくには、アクセス数を増やしていく必要があります。

ブログは定期更新、できれば毎日更新をお勧めします。更新頻度が多い方がリピーターが付きやすく、記事数が多い方が、SEOが効きやすいからです。ツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアとの連携も有効です。

自分の得意なフィールド・好きな事をテーマにしないと、ブログは続きません。おそらく、毎日更新したら1ヶ月くらいでネタが尽きてしまうでしょう。そこからが本番です。ネタをひねり出す過程で、本当に自分が好きなことが見つかってきます。

苦しい時間になるかもしれません。しかし、自分の内にはる壁を取っ払って、書きたいことを書けるようになったとき、ライフワーク・セカンドビジネスにつながっていくでしょう。キャリア&経済的に人生のリスクヘッジになります。

ブログが成長するワクワクする感覚を、ぜひ体験してみてください。

今日のわかった

私にとってのブログは、ビジネス・生活を支えてくれる大切なツールとなりました。

このままずっと続けていれば、もっと楽しいことが起きると思ってます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です