楽天カードから楽天Edyチャージで楽天ポイントをゲットできる方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_9642

※2014/4/23より、楽天バーチャルプリペイドカードから楽天Edyなどの電子マネーへのチャージができなくなりました。よって、本記事の方法は現在利用できません。ご注意ください

通常は楽天カードからの楽天Edyチャージはポイントは付きません。

楽天バーチャルプリペイドカードを経由して楽天Edyにチャージすると、チャージ金に対して1%の楽天ポイントをゲットできます。

楽天Edy利用ポイントと合わせて、最大1.5%の楽天ポイントを獲得できます。

スポンサーリンク

楽天カードから楽天Edyチャージで楽天ポイントをゲットできる方法がある

楽天カードには楽天Edyをつけることができます。一枚のカードにまとまるので便利です。ところが、楽天カードから付帯の楽天Edyにチャージしても、チャージ金に対してポイントは付きません。

ポイントがつくキャンペーンも開催されてますが、付与されるポイントが期間限定(10日くらい)なので、非常に使い勝手が悪いのです。

しかし、楽天バーチャルプリペイドカードを経由してチャージすると、チャージ金に対して1%のポイント(実質期間無制限)を獲得できます。

楽天Edyカードを購入

楽天カードに付帯しているEdyは、今回利用する楽天バーチャルプリペイドカードからチャージができません。楽天Edyカードを用意するか、おさいふケータイの楽天Edyを利用します。

今回は、だれでも利用できる「楽天Edyカード」を利用する方法を詳しくご紹介します。

楽天バーチャルプリペイドカードを購入

楽天バーチャルプリペイドカードは、楽天e-NAVI内の楽天バーチャルプリペイドカードのページから購入できます。500円から30,000円までです。

【2013年11月1日(金)より、変更しております】
・楽天バーチャルプリペイドカードの購入手数料が無料となりました。
・楽天バーチャルプリペイドカードのご購入代金は、カード利用獲得ポイントの進呈の対象となりました。

via: 楽天バーチャルプリペイドカードご利用ガイド

楽天バーチャルプリペイドカードの購入代金は、楽天ポイント獲得対象となります。ここがポイントです。

カードリーダーで楽天Edyカードを設定

DSC_9643

カードリーダーパソリ等のカードリーダーを利用して、楽天Edyカードを設定します。

楽天Edy Viewerから、楽天Edyカードの利用登録をします。氏名などの基本情報を入力します。

すぐにはチャージはできません。翌日正午からチャージ可能となります。

※楽天Edy Viewerはインターネットエクスプローラーでしか起動しません。

Edyで楽天スーパーポイントを貯める設定

楽天Edyビューワー1

楽天Edy Viewerの右上の「楽天Edyで楽天スーパーポイントを貯める」をクリックします。

楽天市場のIDとパスワードを入力して、楽天市場のアカウントと紐付けをします。

チャージ用クレカに、楽天バーチャルプリペイドカードを設定

DSC_9644

楽天Edy Viewerの「登録情報の変更」で、今回購入した楽天バーチャルプリペイドカードを設定します。

チャージできるまでに2日くらいかかります。(2/26の朝8:30に登録変更 2/28の昼にはチャージできました)

ようやくチャージ

楽天Edyチャージ

楽天Edy Viewerの「入金」から、チャージを行います。

チャージ用に設定したクレジットカード(楽天バーチャルプリペイドカード)では、設定一ヶ月以内は一日10,000円までしかチャージできないようです。10,000円以上の金額をチャージするには、複数回に分ける必要があります。

▼▼▼▼

設定作業が面倒なので、最大30,000円分のバーチャルプリペイドカードを作ってしまったほうが良いでしょう。

さらに、チャージ後すぐに次の楽天バーチャルプリペイドカードを購入して、登録してしておくと良いでしょう。設定後一ヶ月はチャージ上限が1万円なので。

ただし、楽天Edyのチャージ上限は5万円で、楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は1年間です。使いきれる見込みがある分だけ購入しましょう。

楽天Edyカード自体の設定や、楽天バーチャルプリペイドカードの登録で合計3日待つ必要があったり、一日あたりのチャージ金額に上限があったりと、色々制約が多いですが、楽天ポイントは確実にチャージされます。実際に確認済みです。

おさいふケータイの楽天Edyを利用する場合は、バーチャルカードで楽天Edyオンラインへチャージをしてから楽天Edyへ移動します。私がアンドロイドスマフォを持っていないので、詳細は今回は省きます。

楽天Edy自体は200円利用につき1ポイント貯まるので、これで最高1.5%の楽天ポイント還元となります。ぜひお試しください。

※2014/4/23より、楽天バーチャルプリペイドカードから楽天Edyなどの電子マネーへのチャージができなくなりました。よって、本記事の方法は現在利用できません。ご注意ください

今日のわかった

最近楽天ポイント収集癖に囚われまして^^ 楽天カードと楽天Edyでほとんどの買い物を済ませてます。

リーダーと楽天Edyカードを購入するのに、2-3千円ほどかかります。その分を取り返すには、20-30万円のEdy利用が必要です。

金額だけ考えると、そこまでやる必要があるの?という話もあるのですが、自宅でチャージできる利便性は、金額以上のものがあります。パソリはSuicaもチャージできます。一台持っておくことをお勧めします。

まあ、おサイフケータイが利用できるアンドロイド携帯があれば、もっと手軽に利用できるのですが。iPhoneにも決済機能が早くついて欲しい!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です