レースは本番であり、次へのトレーニングでもある

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今週末のしまだ大井川マラソンから、本格的なマラソンシーズンが始まります。今シーズンの目標はズバリ「サブ3達成」です。

今シーズンは、フルマラソンを4レース予定しています。来月のつくばマラソン、来年3月の静岡マラソン古賀はなももマラソンの連戦が本命レースになります。

5ヶ月後のサブスリー達成から逆算して、今週末は、どのようなレースをすればよいのか考えてみました。

スポンサーリンク

シーズンの基礎となる脚力をレースで鍛え直す

昨シーズンから進めてきたフォーム修正がはまって、手応えは大きくなっています。とはいえ、42kmを平均4″15/kmで走りきるには、まだ力が足りません。

今週末のしまだ大井川は、20℃以上の高温が予想されています。河川敷を走る単調なコースで、かなり過酷なレースです。客観的に考えて、プライベートベストで走るのは難しそう。でも、せっかく近所で行われるレース。チャレンジしないともったいないです。

ということで、4″25/kmからのビルドアップを考えています。古賀はなももマラソンよりも5秒速いペースで30kmまで。もし脚が残っていたら、ビルドアップで、3時間5分を狙います。レースの状況によっては、4″30/kmに落としても良いかもです。サブ3は次レース以降にお預けです。

本当は、スタートから4″15/kmで突っ込んでサブ3にチャレンジしてみても良いのですが、後半失速してしまうと、脚が痛いだけで、トレーニング効果が半減してしまうからです。30km以降ペースアップして、4″15/kmで走れないと、サブスリーは不可能です。

来月のつくばにつなげるために、失速しないように気をつけて、後半のペースアップで、がっちり脚力を鍛えたいと考えています。そして、できればPB更新……。厳しいかな?

レースは本番であり、トレーニングでもある

今年は去年より気温の低下が早いように感じます。それでも静岡の日中は25℃近くまで上昇するため、インターバルなどの強いスピード練習をするには暑く、走りこみが全然足りていません。

昨シーズンのトレーニングの記録を見ると、しまだ大井川は後半失速して玉砕。11月に入ってから本格的なスピード練習を精力的に行い、つくばマラソンで3時間19分切り。その後、1月の駅伝に向けて、スピード練習を徹底的に行い、3月の静岡マラソンで3時間13分、古賀はなももマラソンで3時間10分と、記録を伸ばしています。

川内選手ではないですが、市民ランナーはレースでトレーニングしていくと良いと思います。信号や周りの人に気を使わなくてすみますし、補給もしっかりとれます。恵まれた環境で走れる機会ですので、有効に走りたいです。

今日のわかった

しまだ大井川は、当日の判断が重要な大会です。気温と風向き。そして体調。

実はこれまでまともに最後まで走れたことが無いレース。今年はどうなるか?

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. かない より:

    初めまして。かないと申します。いつも読ませていただいております。私は今年3月に3時間19分を記録し、今シーズンはあわよくばサブスリーをめざしてます。私は39歳ですがかん吉さんのマラソンへの取り組みかたや、レースプランも大変参考にさせていただいております。是非サブスリー達成してください!

    • かん吉 より:

      かないさんこんにちは。私も昨年の秋に3時間19分台を達成して、その勢いで春に3時間10分台を出しました。この先は結構キツそうです>< ぜひ、かないさんも、上を目指してがんばってください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です