雪用ワイパーで、雪道でも視界確保

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

スキーシーズンが最盛期を迎えた。

私はこの時期は、月に2?3回はスキーに行く。

今年は、「雪用ワイパー(スノーワイパー)」を導入し、快適に雪道をドライブしている。

※雪国ではネコが車に寄って来る。暖かいマフラーがお気に入りようだ。

雪国に住んでいる方々には、当たり前かもしれない。

しかし、私が住んでいる静岡県は、雪がほとんど降らない。「雪用ワイパー」なるものが存在することすら知らなかった。

+++

雪の中を走っていると、次第にワイパーが利かなくなる。

てっきり、ゴムが冷気で固くなるからだと思っていた。しかし、実際は違った。

車を停めて、ワイパーの様子を確認してみた。

ワイパーは、幾つかの枝が組み合わさってできている。これらがクッションになって、ガラスの曲面に合うようになっている。

しかし、雪が降ってくると、枝の間に雪や氷が詰まってきてしまうのだ。
クッションが効かなくなり、ワイパーが動いても、拭ききれない部分ができてくる。

これが、本当の原因だ。

今回購入した「雪道用ワイパー」は、枝の部分が全てゴムカバーで覆われている。

雪が枝の間に入ることが無いので、常に安定したクッションでワイプする。なるほど!

このワイパーは、冬以外の季節でも全く問題ない。はじめから全部このタイプにすればよいのにと思った。

価格は3000円?5000円くらい。

全部交換しなくても、運転手側だけ交換すれば、かなりの効果。

今年は雪が多く、寒い!
これからスキーに行く方(雪国以外の方)にお奨めしたい。

powerd by 楽や

BOSCHの車種別サイズ検索

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です