なぜ、プロスポーツ選手は女子アナをパートナーに選ぶのか?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

conversation
conversation / felipe.cabrera

女子アナとスポーツ選手が結婚するケースは、確かに多いですね。

気づいたら「いつも選ばれる人」の会話ルール55 ?なぜ、プロスポーツ選手は女子アナをパートナーに選ぶのか!??

女子アナウンサーは仕事でスポーツ選手と接する機会は多いです。女子アナは綺麗ですし、恋愛に発展する可能性は高いでしょう。しかし、それだけで女子アナウンサーが選ばれているわけではありません。女子アナは●●のプロであることが大きいのです。

ヒーローインタビュー

スポンサーリンク

会話はヒーローインタビュー

女子アナが話しを聞くときに心がけていることは、「ヒーローインタビュー」

プロ野球中継やサッカーのワールドカップなど、スポーツ中継でご覧になったこともあるでしょう。

そう、相手を「主人公」にして会話するのです。

via: p7

人は自分のことを話しているときが、一番楽しいです。営業マンにとって、一番重要なスキルは「相手に気持ちよく話してもらう」であると、どのビジネス書にも書いてあります。

うなずき、視線、姿勢、そして、「聞きたいオーラ」といった会話のテクニックが、本書で詳しく説明されています。相手が楽しく話してくれるような状況を意識していきたいです。


Hollywood Interview! / Christian Haugen

アナウンサーとは「聞く」プロ

実は私たちアナウンサーは、話すプロというより、聞くプロ。

そのせいか、愛やサービス精神を感じ取ってもらえる機会も多いようです。

女子アナにとっては、新人選手に気楽な気持ちで取材しているつもりでも、選手のほうは「ひょっとして俺に興味があるのでは?」なんて現象も

via: p35

アナウンサーは、テレビカメラの前でニュースを読むことがメインの仕事だと思われがちです。実際はそうではなくて、現場で取材&レポートや、番組の司会など、相手から話を引き出す仕事のほうが多いそうです。

取材とはいえ、聞き上手な綺麗な女子アナウンサーから色々質問されていれば、次第に打ち解けていって、好意が芽生えていくのは、自然の流れですね。


Florian Bischof im Interview / Piratenpartei Deutschland

小さな変化が会話のタネに

「見る」とは、相手の小さな変化に気づくこと。

それを見逃さないことです。

via: p65

久しぶりに会った時、共通の趣味や仕事などの話題がある人であれば問題ないのですが、そうでない方との話題を見つけることは、苦労します。

体格や髪型の変化など、直感的に感じたことを、口にしてみることです。ただし、女性に「太った?」みたいなことを聞いてはいけません。相手にとってプラスになることです。「髪を切りましたか?」「時計と換えられたんですね」など、とにかく話のキッカケになればよいのです。


interview bee / eschipul

サービス精神

話し上手の要素は3つ。

1つ目が「話の中身」。2つ目が「表現力」。

そして最後の3つめが「相手に楽しんでもらおうという気持ち」です。

via: p100

人間は「社会的動物」と言われていて、他人との係わり合いの中でしか生きられないのです。「相手の幸せを自分の喜びにできる」という、自然界では考えられない特異な性質を持っています。

ダウンタウンの松本人志さんが、以前NHKの番組で語っていました。「サービス精神」が大切だと。自分が楽しむのではなく、相手が楽しく過ごせるように心がけることで、巡り巡って、自分に還ってくるのです。


the interview / mugley

笑顔を大切に

人は嬉しいから、楽しいから笑うのではなく、笑顔になるから楽しくなれるという研究結果もあります。

脳科学の世界では、口角を上げて笑顔をつくるだけで、脳が勘違いして前向き物質のドーパミンを出すといわれています。

笑顔になることで脳にいい刺激が行って、本当に元気になるんです。

via: p194

メラビアンの法則といって、人は外見で印象の9割が決まってしまうという心理学の法則があります。実際においても、ぱっと見の印象と、実際に話したときの印象は、そう違いません。

よく「形から入る」と言われます。自分には似つかわしくない高級なスーツを身につけると、自分自身がスーツに追いつこうと行動と意識が変わってきます。

表情は大切です。ブスっとしている表情の人は、近寄りづらい雰囲気があります。とはいえ、人間ですから、時には落ち込んでいる時もあるでしょう。日頃から笑顔を作る練習をしておくと、相手に不安を与えず、自分も元気になっていきます。

「他人の目の色を気にしながら生きたくない」と言われる方も居るかもしれません。でも、人間は社会の中でしか生きられないのです。日頃から周りを気遣い、習慣化することで、自然に立ち振る舞えるようになれば、選ばれる人になっていくはずです。

今日のわかった

鏡の前で笑顔の練習をやってみようと思います。

本書は、出版社のすばる舎リンゲージさんより献本頂きました。ありがとうございます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です