字が下手でも、読める字でメモする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Notebook
Notebook / Yagan Kiely

実は私はかなり字が下手で、メモをとっても、後で自分の字が読み返せないことがしばしばあり、どうしたものかとずっと考えてきました。

そんな私にとって、理想的なメモ環境ができつつあります。その方法とは…。


Evernote / Johan Larsson

スポンサーリンク

究極の手帳

昔から、情報はすべて一箇所にまとめた方が効率が良いことは、経験的に分かっていました。しかし、手帳はいつも持ち歩けるわけではありません。いつも持ち歩いているお財布の中にメモ帳とペンを入れていたり携帯電話から自分宛にメールを打ってメモしたこともありましたが、情報が分散してしまいます。

いつ、どこからでも同じ場所に情報をポストできる「究極の手帳」が欲しいとずっと考えていました。いま、ようやくその全貌が見えてきました。

iPhone × エバーノートです。

あらゆるデータを取り込めるエバーノートと、いつも持ち歩いていて、どこからでもメモを入力したり見返しができるPhoneを組み合わせる方法です。これがやりたくて、先日、生まれて初めてiPhoneをゲットしました。iPhone4Sです。


Evernote / Gustavo Pimenta

すべての情報をエバーノートに集約する

iPhoneのフリック入力は、慣れればガラケーの入力方法よりも圧倒的に速く入力できます。メモ打ち込みには最適です。

Evernoteへのメモは「PostEver」というアプリを利用しています。写真にとっておけば済むものは、FastEver Snapがお勧めです。画像サイズを小さくしてくれて、容量節約になります。エバーノートのスナップショット機能でも問題ありません。写真を撮って、音声はエバーノートのボイス機能でエバーノートに直接保存できます。

手書きメモ風にメモしてエバーノートに保存できるアプリもたくさんあります。今のところ、特に必要性を感じていないので、私はインストールしていません。

紙の資料はScanSnapでスキャンして、エバーノートに保存しておきます。エバーノートは画像データをOCR処理して、文字をテキスト化してくれます。

ネット上での書き込みも、エバーノートに集約しています。現在、ツイッターのツイートはツイエバ、はてなブックマークはハテブテ、ブログ投稿記事はblogtrottrを利用して、RSSフィードをEメールでエバーノートに送って自動保存するようにしました。自分がアウトプットした情報はすべてエバーノートに集約します。


New York Times on iPhone 3GS / Robert Scoble

ノーストレスの手帳

iPhone×エバーノートの組み合わせによる最大のメリットは、字がしっかり読めることです。私のような乱筆の場合、自分でも読めないことが多く、ストレスになることが多いのです。「これ何て書いたんだっけな?」と思っても、後の祭りです。メモの内容をキーワード検索できることも魅力です。

すべての情報をエバーノートに集約しているので、「あの情報はどこにあったかな?」と思ったらエバーノートの中を検索すれば、発見できる可能性が非常に高くなり、安心感があります。

あとはフリック入力を鍛えるだけです。まだ十分に慣れていなくて、逆にストレスを感じてます。ガラケーの入力よりは勝機がある気がしています(^^;)

今日のわかった

Facebook上での書き込みをEvernoteに取り込む方法がまだ見つだっていません。良い方法があればよいのですが…。誰か作ってえらい人!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です