デジカメに電池を入れ忘れないライフハック

NEC_0215

子供を連れて公園へ。楽しそうに遊ぶわが子を見て、シャッターチャンスをばかりにカメラをカバンから取り出して、写真を撮ろうとしたら、なんと電源が入らない!!良く調べてみたら、バッテリーが入っていなかった!

そんな経験をした方はきっと多いはずです。なぜなら、私が何度も経験してるので^^

デジカメのバッテリー(電池)や、メモリーカードを絶対に入れ忘れないライフハックを紹介します。

その方法とは、ズバリ、「バッテリーとメモリーカードをデジカメから抜いたら、フタを開けておく」というルールを徹底することです。

P1050638.JPG

フタが閉まっていると、電池とメモリーカードが入っているかどうか確認せずに外出してしまうことがあるからです。フタが開いていれば、バッテリーやメモリーカードが入っていないことに、絶対に気がつきます。痛恨のミスは防げます。

ご参考にどうぞ。

今日のわかった

最悪の場合、携帯電話のカメラで撮れば良いのですけどね。最近の携帯電話のカメラは性能が良いので、助かっています。

ちなみに、冒頭の写真は携帯電話のカメラで撮りました。キレイに撮れます。

パソコン&周辺機器
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました